JUGEMテーマ:オーディオ

 今日は「家カラ」についてですが、コロナ禍ではカラオケやスナックなども最初に規制を受けましたし、その後も感染者がでているだけに行くのがやっぱり怖いものです。

僕もUSB接続のコンデンサーマイクが4本、ファントム電源が必要なコンデンサーマイクが2本と「Room365」のテスト用にありますが、やはりWindowsPCだと音楽もマイクもPCやスマホだと遅延があって歌い辛いケースが多くなります。

 

音楽と映像はPC側からでも、マイクはミキサーを利用してギターアンプかAVアンプを使っています。

またappleのMac Bookやiphoneなら遅延もなくカラオケが楽しめますが、Androidでは少しテクニックが必要です。

遅延は少しでも歌い辛くなりますので、ちょっと厳しいですがマイクを別のアンプに繋げるととても歌い易く便利です。

 

お薦めのギターアンプは「BOSS Acoustic Singerシリーズ」でファントム電源が搭載されてるタイプがありますし、搭載型でなければ安いアナログミキサーでもファントム電源でもあれば大丈夫で。

このBOSSのシリーズにはボーカルに必要なエコーやハーモニー機能が搭載されていますので、1台あると本当に便利なアンプです

し、オーディオインターフェイス機能が搭載されていてPCに接続して録音も可能です。

し。 

更にアナログミキサーはYAMAHA MG06X(16,000円前後)がありますので、AVアンプでマイクの音を出すのに使っていますし、ファントム電源だけなら4,000円〜7,000円前後で買えるものが多いです。

 

  

カラオケの音源はスマホからでもPCからでも大丈夫ですが、パワーのあるアンプに繋いで使用するのが一番ですし、僕はAVアンプやミニコンポに繋いで楽しんでいます。

WindowsPCでもType-CやThunderbolt3対応のオーディオインターフェイスなら遅延も少ないので、カラオケや楽器演奏も楽しめますが、こういう時はappleの製品は遅延もなく直ぐにカラオケが始められますので本当に便利です。

カラオケ用のアンプを購入する手も有りですが、アンプとスピーカーで7万から10万の出費はちょっと痛いですよね!