JUGEMテーマ:カメラ

 フォトグラファーやクリエイターさん達の画像(写真及び動画)の編集は8bit(24bit)カラーと10bit(30bit)カラーでは大きく違ってしまうのですが、最近10bitカラーはNVIDIAの「Quadroシリーズ」だけでなく「GeForceシリーズ」でもサポートされるようになりました。

したがって最近発売された「GeForceシリーズ」搭載ノートPCも10bitカラーに対応したおかげで、みなさんの環境構築は半分の予算で可能になったのです。

 

下記画像は上が8bit、下が10bitカラーとなります。

 

 

 

続いて動画で比較してみて下さい。

 

 

 

随分と印象が変わってしまいますが、私もこれにはちょっと驚いています。

これまでは環境の構築に大変な金額が必要でしたが、「GeForceシリーズ」の「GTX-1XXX」や「RTX-2XXX」でも10bitカラーが使えるようになった事で、本当に助かっています。

 

大きな違いはやはり滑らかな表示ができますので、より自然に見えるのが嬉しいですし、色の数が多く表現されているので質感が全く違ってしまいますから、とても綺麗に見えるようになります。

最近はフィルムを使った一眼レフが復活したり、カメラ環境も多種多様化されてきましたので、やはりフォトグラファーのみなさんもこの辺は気になるところだと思います。

 

私もカメラはまだまだですが、10bitカラーとHDR10の綺麗さは特別だと思っていますし、4Kだけでなく6Kや8Kと進化することを考えると、PCのスペックも気になります。

PC工房「Room365」でゲーミングPCやクリエイター向けPCに取り組んできましたので、パソコンの事ならなんでもご相談ください。