JUGEMテーマ:お酒

 先日父がお酒の事(イタリアのワイン)を書いておりましたが、ほぼ5か月間の間に外でお酒を飲んだのは3回だけでしたので、完全「テレワーク」なってからは1回だけでしたので、結局は日本酒・ブランデー・ワインは食後に飲んだりでも、基本「家飲み」です。

それで日本酒もワインも色々と楽しむために、流行りのお酒を見つけてはネットで注文していたのです。

 

いつもの「外飲み」の代金は月5万〜7万円くらいですから、父と二人分だと10万円はありますので「家飲み」だと相当いいお酒が沢山買えることになります。

日本酒もワインもそうですが、「家飲み」だとおつまみが好きなようにアレンジできますし、洋風でも和風でもなんでも美味しいもので、更に作る楽しみも加算されて嬉しいものです。

 

そんな中で出会ったのが「アマローネ」と「リパッソ」、決して高い価格帯のワインではないのですが、急に人気になったようでとてもビックリしてます。

父は「カルヴァドス」の時もそうですが、決して人が進めても素直に美味しいというタイプではなく、自分の好みで確認してから購入するというやり方なので、変わったお酒が家に結構あります。

 

ワイン樽で熟成させた日本酒や、オレンジ色の「オレンジワイン」の時もそうですがいつも驚かされてしまいます。

ビールはまったく口にしないのに、ベルギーのビールだけは時々飲んだりともうすべてが「我が道を行く」なので困ってしまうのです。

 

さて話を「家飲み」に戻しましょう。

お酒を飲むのも「外飲み」中心になっていたのですが、飲みに行けなくなってからお小遣いが残るようになったので、「家飲み」するために日本酒やワインを購入するようになったのですが、父が書いていた「リパッソ」の親みたいなのが「アマローネ」、こちらは「リパッソ」に入れられる前の陰干し葡萄で造られます。

したがって干し葡萄ですから通常の倍のブドウが必要になる訳で、価格が高くなる原因はそこにあるのです。

 

北イタリアの有名な白ワイン「ソアヴェ」の産地に近い「ヴァルポリチェッラ」というエリアで造られており、バランスの良い甘美なアロマが特徴のワインでとても美味しいです。

1番と2番は超高級品、お手頃価格の3番から5番がお薦めです。

1:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2011 ジュゼッペ クインタレッリ(38,000円)

2:◎アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ ヴィニェート ディ モンテ ロドレッタ 2012 ダル フォルノ ロマーノ(39,600円前後)

3:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2013 アレグリーニ(9,500円前後)

4:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2009 ベルターニ(10,500円前後)

5:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2011 ラルコ(10,500円前後)

 

ワイン樽で貯蔵された日本酒もまた爽やかで夏のお酒という感じがしてとてもお薦めです。

1:Azumaichi 甲州ワイン樽貯蔵(3,080円前後)

2:上喜元 純米吟醸 Napa Valley ワイン樽貯蔵(2,933円前後)

3:醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成(5,500円前後)

 

最近は夏になると「夏酒」という爽やか、すっきり味の日本酒が売られるようになりましたのでそちらも楽しみですが、お酒が好きなのに1杯で千鳥足になるくらい弱いので、「Zoom飲み会」にも参加できなくて困ってます。

みなさんも「家飲み」グレードアップして楽しんで下さいね!