JUGEMテーマ:カメラ

 昨日は身の回りの消毒液の作り方を説明しましたが、今日は入手困難になっている手指消毒液についてです。

僕は寒い時期も時々ですが夜の風景写真や星空を取りに仲間と出掛けることがあるのですが、アレルギー体質でいつものどを痛めてしまいますので、マスクを使う事が多いのでできるだけ手洗いとうがいには注意をしています。

 

今回はコロナウィルスの感染防止で「マスク」と「手指消毒済」は何処でも売り切れ状態ですので、「アルコール消毒液」や「消毒用エタノール」も実は「無水エタノール」ただの「エタノール」でも簡単に「手指消毒液」が作れます。

エタノールはアルコールの一種で、アルコール濃度が95.1%〜96.9%とそのままでは揮発性が高いので、殺菌効果がありませんが、70%〜80&に希釈すれば手指や器具の消毒液として使えるようになります。

 

 

材料はエタノールと精製水だけですが、短期間で消費できるなら水道水やミネラルウォーターでも大丈夫です。

100mlの消毒液を作る時は、エタノール80ml+精製水20mlを混ぜれば出来上がりです。(簡単!)

注意して欲しいのは容器ですが、必ず高濃度アルコールに対応している容器を使って欲しいですし、発火性が強いので火の傍では使わないでください。

後は消毒液を塗るだけでなく手を良くこすり合わせて下さい、これで手指の消毒は十分ですが、決して飲んだり目や口に触れないように注意してください。

 

仕事(パソコンの掃除)でエタノールやアセトンを使う事が多いのでこれらは必需品、いつも冷暗所に保管されて沢山ありますが、今年は在庫が少ないです。

写真を撮るのにも出掛けられないので、近くの花や山を撮ってノンビリとしていますが、早く普通の生活に戻って欲しいものです。

みなさんも元気でいて下さい、そして時々は近況を教えて欲しいです!