JUGEMテーマ:その他

 コロナ感染増加が毎日増えてる首都圏はとうとう1日100人を超える状態になり、まだ様子を伺ってる状態で対策が全く取られていないのですが、子供達や若者達が危険に晒され第2波の兆しがあります。

やはりコロナウイルスは暑くなっても関係がなく、感染力はとても強く全世界では今週初めには1000万人を超え、現在は1週間で100万人程増えていますので、このままでは全世界で第2波のスタートが起こるのも時間の問題です。

 

ベトナムを皮切りにフライト許可が下りていますが、海外からの帰国者間に何人かの感染者がでているように、油断は禁物です。

東京都内だけでなく埼玉県・神奈川県・千葉県と首都東京のベッドタウンとして機能しているだけに、感染拡大は防ぎきれないと思っていますので、緊急に対策をとる必要があると思います。

 

50人から100人へ、そこから200人へと増えるとそれが移動によりより多くの、感染拡大を招きますので何処かでオーバーシュートが始まりますし、厳しい状況に追い込まれますのでそうなると、もう第2波は止められなくなると想定できます。

経済活動の停滞による影響はもっと大きな打撃を受けることになるのですが、治療薬やワクチンができるのをどうにかして待つような対策が考えられないのか、感染者の少ないエリアからの首都圏への移動と首都圏から感染者の少ないエリアへの移動も、きっと混乱を招く結果となりそうです。

 

もう「テレワーク」だけでは済まない状況に陥り、最後には首都圏封鎖、企業の地方への移動など本当に現実的になってきますし、日本全国の自治体が協力して企業の移動に対応して、各社の本社機能を地方に移動させる方法を模索しなければいけないと思います。

一時的にでもそんな方法が取れるように考えれば、感染拡大は大きく変化する筈です。

そして治療薬やワクチンができたら、首都圏に戻ればいい訳ですが、地方の閉鎖された学校の再利用等も考えられればと思います。

 

なんとなくこのままでは第1波よりもひどい状態になりそうで、とても心配です。

私達は「テレワーク」にすべて切り替えていますが、それでも子供や孫が毎日学校に通っていますので、汗びっしょりで帰ってくるので、心配で落ち着いていられません。

どうか安心して生活ができるようになる事を祈るだけです。