JUGEMテーマ:パソコン

 暫くはコロナと共存しなければと考えていますが、ゲーミングノートは意外な感じで大活躍中です。

僕らは巣ごもりでゲームをする時はいつもデスクトップPCなのですが、ゲーム仲間達はゲーミングノートを利用している方も多く、最近はヘッドセットも性能が良いので「テレワーク」でも使用してたり、競馬の「即パット」にも利用しているようです。

 

PC工房「Room365」のエンジニア達も、殆どがゲーミングノートでの「テレワーク」という事で驚いています。

もう半年近くも工房には顔を出してないのですから、知らないのも当たり前なのですが、いつも音声とチャットだけのコミュニケーションなので気が付かなかったです。

そう言えば最近ASUS製品のゲーミングノートの注文が結構ありましたが、「テレワーク」用に用意されたものだったのですね?納得です!

 

みんなの意見を聞いてみると順位が徐々に解明されてきましたが、AMD Ryzen 7とRyzen 9搭載の製品が上位を占めています。

◎15.6インチ

☆TUF Gaming A15 FA506II Ryzen 7 4800H(128,800円前後):CPUスコア19217・SSD512GB・メモリ16GB・GeForce GTX 1650Ti + AMD Radeon Graphics・重量2.3Kg

 

 

◎14インチ

☆ASUS ROG Zephyrus G14 GA401IV Ryzen 9 4900HS(199,800円前後):CPUスコア19745・SSD512GB・メモリ16GB・GeForce RTX 2060 Max-Q Design + AMD Radeon Graphics・重量1.65Kg

 

 

 

このASUSの製品は外部モニターが4Kも使えますし、サウンドもしっかりしていますので文句なしの良品なのです。

何れも5月に発売になったのですが、6月から7月にかけて沢山の販売実績が残っていますので人気の製品です。