JUGEMテーマ:その他

 4月の感染者数を超える拡大にもう成す術が無くなった様なものですが、甘く見たら決していけないと思っているのです。

そうこうしている内に周りに徐々に感染者がでて知り合いにまで広がっていますが、どうしてこんなになるまで対策を取れないのか本当に不思議です。

 

若い人達に感染者が広まり病状が軽いとはいっても、実は後遺症等ことも何も解明されていないのにとても呑気なものですが、これではもう最初に予想した感染者は6,000万人どころか、年末には1億人を超えると思っています。

コロナウイルスの性質上、早目に形を変え進化する可能性もある訳ですから、このままで済むとは思っていないのです。

 

どんな状況で第二波に突入したかはみんながよく知っている訳ですが、それを受け入れなければいけない状況ですから、自分で注意しなければならないのですから最後には自己責任という事になってしまうのでしょう。

感染すると隔離されて家族にも会えなくなる訳ですから、とても理不尽なのがこの病気の特徴なのです。

 

しかしいくら注意をしても感染を回避するのは不可能に近いくらいで、第一波の時よりも若い人に感染者が多いという事から、既に何倍もの感染者がいるという事になりますし、感染源を割り出すことも難しくなりますので、状況は悪くなる一方です。

地方都市でも感染者が増えている事からも、今後は拡大のスピードはもっと上がって、人の動きを止めない限り大きな広がりとなって、徐々に死者が増加していく事になります。

 

考えれば分かりそうなことなのですが、再開した経済活動をもう一度止めるのは簡単ではないのですし、「Go Toキャンペーン」も完全ストップにできないのは宿泊施設の存続に関わる問題なのですから、八方ふさがりの状態と言えます。

飛行機の運航についても同じ理由で、航空会社の存続を掛けた各国の思惑が見え隠れしています。

 

もう僕達は外での活動を極限まで抑えて、巣ごもり生活をするしかないのですが、感染から逃れる方法を自分達で考えるしかないようです。

今は病床が確保されていますし、若い人に感染者が多い事で軽症者が多く自宅やホテルで療養が可能だからですが、お年寄りにまで広がれば病床が足りなくなると思いますので、みんなで協力し合って感染を広げない工夫をして乗り切って下さい。

特にこの連休中は注意しましょう!