JUGEMテーマ:オーディオ

 DTMやDAW等でミュージック制作をしたり録音をしたり、カラオケを楽しんだりする場合は、やはりちょっと程良いパワードモニタースピーカーを欲しいものですが、気に入ったものが意外と見つかりにくいものです。

私はどちらかというとアンプとモニタースピーカーを組み合わせて使う事が多いのですが、昨年あたりから気になる製品が見つかるようになって気になっておりました。

 

これまではパワードモニタースピーカーと言うと国産の「YAMAHA」を使っていて、問題もなく安定した音質でとても満足していますが理由は安心感とハイレゾもOKでした。

「HS5」と「MSP5」がPC製作時のサウンドチェックにもメイン機として使われていましたし、これからもと考えています。

 

先日の休みの時に気になっていた2つのパワードモニタースピーカーを、チェックしてみましたので紹介しておきます。

大好きな「TANNOY」のGOLDシリーズと、やはり大好きな「FOCAL」のShapeシリーズです。

 

 

最初に「TANNOY」のGOLDシリーズですが、GOLD5(44,000円前後ペア)・7(55,000円前後ペア)・8(68,000円前後ペア)と3週類が発売されております。

試聴ができたのは「GOLD5」ですが、流石に同軸独特の音でらしさがあってとてもクリアーな高音もいいと思いますし、音の抜けがとても良いですし、デスク上なら十分なパワーだと思いました。

ボーカルの表現力も十分にあります、これまでの製品の特色は守られた製品でこの価格なら「欲しいなぁ〜」と思わせる製品でした。

 

次に「FOCAL」ですが、視聴できたのはShape 50(61,000円前後1本)ですが、Shape 40(50,000円前後1本)、Shape 65(81,000円前後1本)があるようです。

こちらの音はやはりとてもソフトな感じですが、ボーカルの良さは力強くてとても好きな音ですし、高域も心地の良い音で長い間の作業にも適しているのでいいですね!

 

ちょっとは部屋の整理が必要ですし購入はしませんでしたが、「YAMAHA」も捨てがたいし今後も時間を作って他のメーカーの製品も試聴してみたいと思っています。