JUGEMテーマ:その他

 何度も同じ事を書いているような気がするのですが、今回はコロナ感染後の後遺症について色々と調べてみました。

もちろん世界中で注目されている事ではあっても、デマのような情報であってはいけないのできちんとした各国の記事を、調べて書いてみました。

 

ドイツでは45〜53歳までの患者の75%以上に心臓の炎症が確認されたという事で、将来の心不全の可能性が高くなってしまう懸念があるという事、ニューヨークのある医療法人が対応した患者で30%を超える数で急性腎障害があって、内15%近くの感染者で人工透析が必要になったそうです。

その他にも神経学的問題や、呼吸障害が残ったりと徐々にですが、後遺症の本格的な調査はこれからなので、何とも言えない恐怖感があるのです。

 

各国とも病床数の少なさで治療が遅れたり、受け入れが出来なかったりで亡くなる方が多かったし、後遺症の解明もこれからで調査が始まったばかりなのです。

「ワクチン」の開発も遅れてはいるものの進んでいるようですが、先進国同士の奪い合いが続けば行き渡らない事態が起こるのは、避けられない状況ですし、終息が全く見えてこないのです。

 

この感染症の後遺症がハッキリとすれば、その後の治療負担は大きな問題となりますし、国が対応するにしても保険料を大きく引き上げなければならなくなり、国民の負担は大きくなる訳です。

ワクチンに関しても1回40ドルというアメリカの価格が目安になりそうですが、2回接種が必要なら負担は大きくなりますし、早急に確保できるのかも問題です。

 

 さて最近は暑い日続いてマスクをするのが厳しくなっていますので、フェイスシールドを使っていますが、メガネタイプや駆動タイプなど色々ありますので用意してみて下さい。

 

  

 

どれも1セット100円以下で仕入れができますが、市販されてる製品は120円から300円くらいですし、洗って何度も使えますのでとても便利です。

またお子さん用も販売されておりますが、価格は少し高目ですのでできるだけ感染を防ぐために用意してみて下さい。