JUGEMテーマ:その他

 日本は早いうちにコロナ感染者がでましたので、ゆっくりと対応して失敗したものの、その後対応が良かったのか拡大はゆっくりと進みました。

1月16日に日本で感染者がでましたが、19日には韓国、21日には台湾・アメリカ、22日はマカオ、23日香港・シンガポール・ベトナム、24日ネパール、25日マレーシア・フランス・オーストラリア、27日カンボジア・スリランカ・ドイツ・カナダ、29日UAE、30日フィリピン・インド・イタリア、31日ロシア・スウエーデン・イギリス・スペインと1月でほぼ世界中に拡大しました。

 

中国以外ではイタリア・スペイン・アメリカ・ドイツ・イラン・フランスが急激に拡大しており、それぞれ各国の事情があるようで、これから爆発的に拡大する国も出てくると思っていますから、終息にはまだまだ時間が必要だと思っています。

日本もしかりで、完全に封鎖状態にしなければクラスター感染が彼方此方で起こると考えた方が良さそうです。

 

特に欧州がひどい状態ですが、既に医療崩壊が起こっていて止めることが不可能な状態に陥っていますし、更に徹底した対策が必要だという事ですが、的確な対処方法が見つかっていないのが現状です。

日本では病院での院内感染が小規模だったこともあって、拡大がゆっくり進んでいますが、先頃大分の病院で550人の検査が行われました。

 

日本の場合は空港や港を閉鎖してしまえば拡大を防げそうですが、陸続きの欧州は食い止めるのは本当に厳しいと思いますが、なんとか対策を取って復活して欲しいものです。

こんな状態ですから仕事を続けるのが厳しい状態ですが、これからの事を考えて節約と節制をしっかりしないと、国の崩壊まであり得る一大事だと対応を変える必要がある考えています。

 

北米と南米はこれからどのようになるかは、欧州以上に警戒を深めないといけないと思っています。

アメリカがあっという間に拡大して、生活用品や食料に影響がでたら厳しい状況になるのは目に見えていますし、決してないとは言えない状況になって来ています。

 

食料品は特に日持ちの良い物やミネラルウォーター、調味料や塩までも足りない状況が起こってくるでしょうから、余談は許されないのです。

3ヶ月分くらいの缶詰製品や、レトルト製品、ジャガイモ、ニンジン、冷凍野菜、乾麺類、調味料は確保しておきたいものです。

石鹸類や生活用品も少しづつ備蓄する準備が必要です。

こんな状態になってもパニックにならないで買いだめをするのではなく、使い残した野菜などはボイルして冷凍したりで捨てない工夫をして、必要最小限にしておくことを忘れないでください。

 

私も少しづつ車にも非常食セットを用意していますが、キャンプ地近くにあるセカンドハウスにも備蓄はしっかりして、最近は農家出身の奥さんが野菜の栽培をしていますし、田舎ですと野菜は何処でも売っていますから、ボイルして冷凍しておけば結構色々と使えます。

色々な準備が必要ですが、証明証やパスポートなども期限切れにならないように、準備が必要です。