JUGEMテーマ:お酒

 コロナ感染拡大で「巣ごもり」となってからもう半年になりますが、随分色々とやってみました。

でもどれも飽きて続いてるのは音楽鑑賞とカラオケ、後はギターが続いているくらいで、珈琲も色々とアレンジしてアイス珈琲を作ったり、お酒の入ったのを作ったりでしたがもう飽きたようです。

 

父とお酒を飲む機会も減ったのですが、飲むとワインでもハイボールでも1杯で足元がふらつく僕なので、父の相手にはなりません。

何しろワインもウイスキーも一晩で2本も3本も空にしてしまいますので勝負にならないのですが、なぜかビールが好きじゃなく沢山飲まないですから不思議です。

 

そこで大好きなベルギービールを用意する事にしました。

好きな銘柄は「ヒューガルデン」というホワイトビール、他にもベルギーピルスナー、ゴールデンエール、レッドビールなどの種類がありますし、度数の高いトラピストビールもあって四国と同じくらい広さの国に1600種類ものビールがあるのです。

またそれぞれの銘柄に合わせたグラスも用意されていて、グラスを集めるだけでも楽しいものですし、我が家のアイス珈琲は全てベルギービールのグラスが使われています。

 

 

「ヒューガルデン」(Hoegaarden)・「パーテルリーヴェン」(Pater Lieven)・シメイ(Chimay)・デュベル(Duvel)・ブルックスゾット(Brugse Zot)・デリリュウム(Delirium)味わいはそれぞれ特色がありますが、みなさんも味わってみて下さい。

グラスも色々あって日本でも購入できますし、350ml〜500mlは入りますのでアイス珈琲用のグラスにも使えて便利です。

 

グラスだけでも楽しめるし、テイストも甘いものから、苦味が強いものや爽やかなタイプもありますので、飽きることがありませんし、シャンパンの様にキメの細かい泡ができるタイプや、1年以上も熟成させたタイプもあってとても面白いです。

二人が好きなのはレモンやオレンジとコリアンダーの香りがして、軽快で爽やかな飲み口の「ヒューガルデン」(Hoegaarden)と「パーテルリーヴェン」(Pater Lieven)は最高に美味いですし、ブルックスゾット(Brugse Zot)のブロンドはバランスの取れた美味しさに大満足、ダブルはチョコレートやカラメルの風味があって濃厚です。

 

1500種類以上ものビールがある訳ですからグラスも色々ある様ですし、いくつか購入して楽しみたいものです。

「巣ごもり」もまだまだ続きそうですので、自宅に籠って色々と楽しんで下さい。