JUGEMテーマ:パソコン

 コロナ禍で仕事環境も大きく変化した私達ですが、「テレワーク」でもしっかりと仕事をしたいのでベストな環境を構築したいという方は非常に多いです。

「安上がりな仕事環境を構築」と「しっかりと仕事ができる環境を構築」という2つの環境を考えながら、お薦めな設備を考えたいと思います。

 

今回はノートPCとデスクトップPCにスポット当ててみました。

 

◎安上がりな環境⇒書類作成がメインの場合はスマホ・ノートPC・モニター・キーボード・マウスがあれば十分です。

ここで注意するのは13.3〜14インチのノートPCを用意すれば、外でも仕事が仕事ができますし、自宅での仕事は27インチ以上のモニターはあればそれに繋いでサクサクと仕事が熟せます。

 

◎ハードな仕事ができる環境⇒ノートPC・デスクトップPC・モニター・キーボード・マウス・マイク・スマホです。

クリエイター向けのデスクトップPCが必要ですし、モニターも2画面なら最高に便利です。

 

何れにしてもノートPCは最低CPUスコアが10,000以上であれば、文書家の仕事なら十分に仕事は熟せますが、クリエイター向けのノートPCの場合は画像の編集等がありますので、グラボ搭載のデスクトップPCが必要です。

ノートPCはハードな作業には向きませんので、できればサブ的に使うのが安全ですし、何よりも不具合からくるストレスから解放されます。

 

また、ペンが使えるととても便利なのでできればノートPCはコンバーチブルなタイプがお薦めです。

コンバーチブルならノートブックモード・タブレットモード・テントモード・メディアモードと色々なスタイルで使えるので便利ですし、小さな13.3インチでも外部モニター排出ができますので、自宅での「テレワーク」時は大きなモニターを利用して仕事も楽々です。

HP「ENVYシリーズ」や「Spectreシリーズ」、富士通「FMV LIFEBOOKシリーズ」、Dell「XPS 13シリーズ」などがあります。

800g前後から1.5Kgと重さも軽いので持ち運びも楽々ですが、CPUスコアの高い製品を選べば間違いないですし、これから新製品がどんどん出てきますので期待できそうですよ。