JUGEMテーマ:お酒

 朝から富士山を眺めながら珈琲タイムなのですが、4月になると「朝焼け富士山」は朝5時には起きてないと観られないのです。

河口湖の富士山は左側からゆっくりとピンクに染まっていきますが、とても大切な時間です。

一枚目は5時10分、二枚目が5時15分の「Fujigoko.TV」の映像です。

 

 

 

私は若い頃は仕事で「アメリカ」や「フランス」に行くことが多く、出張となると最大3ヶ月くらいは滞在する事になるので、月極めのアパートを借りて滞在する事が多かったです。

当時はもう成田空港がありましたので、「フランス」に行く時は北回りではなく、ワザと時間がかかっても南回りでフライトしていましたし、帰りも飛行機から富士山が見えると安心するからですが、どうしても朝でも夕方到着でも日本のお天気をチェックしてからフライトしていました。(笑)

 

したがって、1年の内半年は海外で過ごしていた訳ですが、「フランス」の場合、滞在中の平日はノルマンディー地区に移動して仕事をして、週末はパリに帰るという生活でしたし、仕事は3週間ぐらいで終わりますので、残りは自由に旅行したりで帰りの3週間前から今度はパリで仕事をするのですが、間の期間は書類待ちで滞在期間の半分は書類到着を待っている仕事でした。

 

当時はミネラルウォーターがビールより高かった時代でしたが(現在はビールの方が高いそうです)、私はこの頃もビールが飲めなくて珈琲ばかり飲んでいましたし、パリの水道水はとても飲めたものではありませんでしたから、仕方なく高いと思いながらミネラルウォーターを買って飲んでいました。

 

でも滞在中に「ベルギー」に旅行した時に、とても美味しいビール「ホワイトビール」(ヒューガルデン)に出会ってその後は「ビール」が普通に飲めるようになったのですが、今でもこの時に巡り合った「ヒューガルデン」や「シメイ」と、とても美しい「ブルージュ」の町で飲んだ「ストラッフェヘンドリック」も印象に残っています。

 

 

 

お陰で今では日本製のホワイトビールや地ビールは飲めるようになりましたが、時々は「ヒューガルデン」を購入して息子と飲んでいます。

四国と同じくらいの広さのベルギーには4,000種類ものビールがあるそうで、いつか家族でもう一度訪れてみたいと思っています。

「ドイツ」のビール・ワイン・ソーセージ、「ベルギー」のビール・チョコレート、「スイス」のカラフワイン・ラクレットも忘れられない思い出です。