結構スペックが必要なフォトグラファーのノートPC!(Sho-R)

JUGEMテーマ:パソコン

 フォトグラファーを悩ませるのがなんと言っても写真編集にかかる時間ですが、Mac Book ProやMac Proとの組み合わせならやはり速さが違ってきますから、それなりに高額になってしまいます。

しかもカメラの画素数はドンドン進化しており撮れるファイルサイズも大きくなるばかりですし、最近は8K動画が撮れる物までありますのでカメラの基本的機材とパソコンを用意すると、100万を大きく超えてしまいます。

 

今日は特にノートPCに焦点を当ててみましたが、普通のノートPCならサイズに関係なくCPUスコアが12000もあれば十分に「Lightroom」で編集は出来ます。

注意が必要なのは第8世代の主流だった「Core i7 8750H」は、CPUスコア10203と普通にノロノロなのですが、第9世代の「Core i7 9750H」でも11470とちょっとどころでなくパワーが上がってませんでした。

これが第10世代で「Core i7 10750H」で12736と12000をやっと超えたのです。

 

しかしAMDがこの領域を第3世代Ryzenシリーズで、Intelをトップから引きずり降ろしてしまったのですが、現在は搭載CPUによって下記の通り大きくその差は開いたままです。

 

◎第3世代 AMD Ryzen 9 3900⇒CPUスコア30942

◎第10世代 インテル Core i9 10900K(Comet Lake)⇒CPUスコア24147

◎第3世代 AMD Ryzen 7 3700X⇒CPUスコア22788

◎第3世代 AMD Ryzen 9 4900HS⇒CPUスコア19874(省電力)

 

◎第3世代 AMD Ryzen 7 4800H⇒CPUスコア19410(ノート用)

この赤で色分けした部分ノート用のCPUで、その他はデスクトップ用のCPUを使った時のスコアなのです。

一目瞭然、ノート用のCPUでは20000前後が今後30000まで行けるのかがキーポイントなのですが、CPUスコアが12000以上ならサクサクとまでいかなくても「Lightroom」は使える状況にはあります。

 

ところが動画の処理までとなると長時間に及ぶし、熱処理が必要で対策を取らないとノートPC側に不具合が出てしまうのです。

何れ4K動画や8K動画を扱う様になれば、NVIDIAの「RTXシリーズ」や「Quadroシリーズ」のGPUが必要になり、「NVIDIA Studio」の利用が不可欠になるのです。

フォトグラファー達の環境を整えることは将来の仕事に大きく影響を与えますので、そこで躓くことのないように先行投資と思って、環境を整えて欲しいと思います。

 

ノートPCは出来る限りThunderbolt 3対応の製品を選んでおいて、後々外付けGPU Boxで補えば動画編集でも使えるようになりますし、10bitカラーやHDR編集も楽々になります。⇒続く

テレワーク需要で修理と設定が殺到しフル稼働!(Sho-R)

JUGEMテーマ:パソコン

 9月に入りテレワーク需要で急激にPCの修理や設定納品が増えていたのですが、7日の月曜日から記事の更新が不可能になっていました。

みんな自宅で修理していますので、そちらに送って貰って修理して送り返すという方法で対応させていただきました。

 

テレビ会議をスマホでやって通常の仕事はPCでやって貰えば普通に使えるのですが、PCでどちらもしてしまうとどうしてもフリーズしてしまうソフトが多いのです。

ノートPCの場合でもCPUスコア10,000以上なら対応できますが、ネット環境もありますのでカメラ稼働と音声にプラス作業ではもたつきがでるケースが多く、スペックが低いとフリーズしてしまいます。

 

「Zoom」は非常に良く出来ているアプリなので、現在のネット環境でもよく頑張ってくれますが、セキュリティの問題でその他のアプリやソフトを使っていると状況は一気に負荷のかかる方向に進んでしまう様です。

自宅のネット環境の整備も大切ですので、問題があった場合はテレビ会議等はスマホを使用して貰うようにお願いしています。

 

デスクトップPCもある程度のスペックが無ければ問題が起こる訳ですが、コロナ禍で売り上げが落ちているだけに、周辺機器にお金を掛けるよりも先に事務所や営業拠点のシステム構築をする必要があります。

今後は「Withコロナ」と言われる程ですから、自分達の環境も仕事先の環境構築から始め、みんなのストレスにならない方向へ動かないといけない訳です。

 

便利だからと言っても声が聞こえ辛かったり、映像が乱れたりではストレスの原因となってしまいます。

マイクもしっかりと音割れしないハッキリと聞こえるタイプ、映像もチラつきのない綺麗な映像が送れるように工夫する事が大切なのすが、非常におおまかな方法で対応しているようです。

Vlog撮影モード付きのスマホならテレビ会議にも十分に使えますし、スタンドとUSBコンデンサーマイクを用意すれば、PCに負荷をかける心配はないですから、手元のノートPCで十分に仕事ができますよ。

今時カメラはどれにしようなんて贅沢な悩み!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 僕の現在のカメラは「SONY a7R 掘廚任垢、やっと1年半に使ってやっと色々と調整が上手にできるようになりました。

レンズやパソコンも入れると100万円もの出費になりましたが、以前は「CANON EOS Kisシリーズ」でそんなに写真には興味が無かったのですけど、仕事でスマホやパソコンの周辺機器の製品写真を撮っている内に楽しくなりました。

 

そんな感じですが、今度は動画の撮影も仕事で必要になりましたので、カメラを選んで用意する準備をしています。

やはり長時間のレコーディングになりそうですので、軽いミラーレスが一番いいと考えていますが、動画を25分単位で100本〜200本は必要になりそうです。

 

新製品の中からPanasonic「LUMIX DC-S5K」(630g)・NIKON「Z5」(590g)・CANON「EOS R5」(650g)と、今年の2月発売のFUJIFILM「X-T4」(526g)と昨年発売のSIGMA「fp」(370g)等が候補に挙がっています。

 

これから発売される製品も含め実際に触ってみないと分からない部分も多く、しっかりとした調査が必要ですので現在猛勉強中で毎日大変ですが、新しいSONY「α7S III ILCE-7SM3」も気になっています。

 

これまでは画素数にばかり気を取られていましたが、撮った写真はあまり画素数には関係が無くどのカメラでもそれなりに良さがある事に気が付きましたし、メーカーの良さもそれぞれ違うという事が分かってきました。

今回は4K&FHD動画と写真が撮れれば良いのでちょっとだけ勉強してから、チェックをしたいと思っています。

 

しかしカメラの価格も異常に高くなって2台持ち、3台持ちが難しくなってきましたが、今回は新しい会社を立ち上げる仲間たちのためと自分の趣味が合致しての規格ですので、じっくり時間かけて勉強して行きたいと思います。

コロナ禍での楽しみは写真・競馬・酒!?(Sho-R)

JUGEMテーマ:その他

 コロナ禍で巣ごもり状態の僕ですが、これまで撮った写真を整理したり編集したりで出掛けない生活を満喫しています。

一日中掃除をする訳にもいきませんので、部屋の模様替えをしたりで気分転換しながら、できる限り出掛けないようにしているのですが、日用品の買い物には歩いて2分のドラッグストアに行ってます。

 

楽しみにしていたベルギービールが2種類届きましたので、早速父と一緒に飲みながら5日と6日は競馬を楽しみました。

(紹介しておきますができたらホームページでエピソードを確認してみて下さい、どちらもとても悲しい出来事がビールに絡んでいますよ!)

 

◎ブルッグ スゾット ブロンド⇒アルコール度数が6%でとてもフルーティーで酸味と苦味のバランスが良くとても美味しく、父の大好きなビールで35年も前にベルギーの「ブルージュ」で飲んだのが始まりだそうです。ドゥ ハルヴ マーン醸造所

でも「ブルージュの馬鹿」という名前にも驚きで〜す!

 

 

◎パーテル リーヴェン・ヴィット⇒アルコール度数が4.5%のホワイトビール(ヒューガルデンもホワイトビール)で、柑橘系の香りと爽やかな酸味があってとにかく旨いです。ヴァン・デン・ボッシュ醸造所

 

 

競馬は2鞍の2歳戦の「札幌2歳S」と「小倉2歳S」を観るだけで馬券は父任せですが、見事どちらも的中してました。

競馬もコロナ感染の拡大で無観客で行われているようですが、こちらもネットで馬券勝負ができますので大きく変化したようで、売り上げも「Win5」等は伸びておりこんな状態でも人気はあるようです。

 

色々な事が大きく変化してこんなに家で生活する事もなかったので、今は家での生活がし易いように模様替えもして、テレワークも楽々になりましたし、仕事も趣味もすべて自分の部屋に設置されています。

サウンドもしっかりと整えて音楽も十分に楽しめるようにしましたが、さすがに写真だけは外に出ないと取れませんので、我慢をしています。

いぜん撮った写真を編集したり整理したりして頑張っています。

Intelのモバイル用CPUはいよいよ第11世代へ(Kei)

JUGEMテーマ:パソコン

 AMDに押され気味のIntelのCPUはいよいよモバイル用から第11世代に移行です。

コロナ禍で「テレワーク」が普及しモバイルノートPCの需要が増え、13.3インチから14インチのモデルは品不足となっており、新製品の発売も遅れており、注文してから6週間以上も掛かって届いている始末です。

 

昨年の暮れから私達も全面「テレワーク」体制を取っていますが、ノートPCは出来るだけコンバーチブル(2in1)のタイプにして、外部モニターと共に支給していますので、仕事面や連絡事項でも作業効率は落ちていません。

やはりサクサクと仕事がこなせる環境構築は必須と考えていますが、理想的にはデスクトップPCとノートPCを1台づつ支給するのが良いようで、仕事も円滑に行えるようになっています。

 

「Room365」でも「Office」や「Slack」等のビジネスツールのソフトは標準装備での出荷が多くなってますし、ゲーミングPCも「GeForce RTX 30シリーズ」の発売待ちの状態ですが、急激に注文が入りそうです。

今はパーツを確保する事が先決ですし、全体的にいろいろなパーツが供給不足になっています。

 

すっかり仕事のスタイルも生活のスタイルも大きく変化してしまっていますが、これからも暫くはこの状態が続きそうですので、私達もそれに対応して行かなければなりません。

現在はデスクトップPCとノートPCの出荷比率は40:60となっていますが、昨年までは80:20でしたし修理や入れ替えもノートが急激に増えています。

 

今回のIntelのモバイルCPUは劇的に性能がアップしているという事ですし、PCI Express 4.0やThunderbolt 4などの搭載にも注目です。

 

  

 

これだけ性能がアップしてくれたら使い易さはこれまでの倍にはなりますので、仕事もサクサクとできますしモバイルゲーミングにも期待が出来そうですね?楽しみです!

「巣もごりにピッタリのノートPC」(Sho-R)

JUGEMテーマ:パソコン

 コロナ禍で仕事環境も大きく変化した私達ですが、「テレワーク」でもしっかりと仕事をしたいのでベストな環境を構築したいという方は非常に多いです。

「安上がりな仕事環境を構築」と「しっかりと仕事ができる環境を構築」という2つの環境を考えながら、お薦めな設備を考えたいと思います。

 

今回はノートPCとデスクトップPCにスポット当ててみました。

 

◎安上がりな環境⇒書類作成がメインの場合はスマホ・ノートPC・モニター・キーボード・マウスがあれば十分です。

ここで注意するのは13.3〜14インチのノートPCを用意すれば、外でも仕事が仕事ができますし、自宅での仕事は27インチ以上のモニターはあればそれに繋いでサクサクと仕事が熟せます。

 

◎ハードな仕事ができる環境⇒ノートPC・デスクトップPC・モニター・キーボード・マウス・マイク・スマホです。

クリエイター向けのデスクトップPCが必要ですし、モニターも2画面なら最高に便利です。

 

何れにしてもノートPCは最低CPUスコアが10,000以上であれば、文書家の仕事なら十分に仕事は熟せますが、クリエイター向けのノートPCの場合は画像の編集等がありますので、グラボ搭載のデスクトップPCが必要です。

ノートPCはハードな作業には向きませんので、できればサブ的に使うのが安全ですし、何よりも不具合からくるストレスから解放されます。

 

また、ペンが使えるととても便利なのでできればノートPCはコンバーチブルなタイプがお薦めです。

コンバーチブルならノートブックモード・タブレットモード・テントモード・メディアモードと色々なスタイルで使えるので便利ですし、小さな13.3インチでも外部モニター排出ができますので、自宅での「テレワーク」時は大きなモニターを利用して仕事も楽々です。

HP「ENVYシリーズ」や「Spectreシリーズ」、富士通「FMV LIFEBOOKシリーズ」、Dell「XPS 13シリーズ」などがあります。

800g前後から1.5Kgと重さも軽いので持ち運びも楽々ですが、CPUスコアの高い製品を選べば間違いないですし、これから新製品がどんどん出てきますので期待できそうですよ。

NVIDIAの新ビデオカードは「GeForce RTX 30シリーズ」へ!(Shun-J)

JUGEMテーマ:パソコン

 NVIDIAのビデオカードはいよいよ第二世代RTXシリーズに突入です。

もう幾つかのメーカーがオリジナルファン搭載の「GeForce RTX 30シリーズ」の発売を発表しましたが、情報が錯綜してましたので記事が書けませんでした。

 

でも昨日の9月2日に正式にNVIDIAから発表され、17日から10月に「GeForce RTX 3070/3080/3090」(税別79,980円・109,800円・229,800円)が発売される事になりました。

更にMSIが早くもオリジナルファン搭載の「VENTUS」シリーズの発表を行いました。異例の早さです!

 

★NVIDIAリファレンス版GeForce RTX 3080の写真

 

 

★MSIのオリジナルFanタイプの写真

  

性能的にも360Hz表示対応と、前世代の1.9倍のパワーという事でとにかく期待感一杯です。

「G-SYNC Esports」ディスプレイでの360Hz対応と、GPUとAI処理の実況配信向けプラグイン「NVIDIA Broadcast」は注目しておいて下さい。

楽しみですね!

巣ごもり生活でカラオケを楽しむならこれ!パート2「マイク2」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今日は「巣ごもりカラオケ」のマイク特集2、コンデンサーマイクロフォンです。

USB接続タイプとXLR接続タイプがありますので、順に取り上げますがXLR接続の場合はオーディオインターフェースかミキサーが必要ですし、ファンタム電源も必要になります。

一般的な楽器演奏やヴォーカルも含め、お家レコーディング向けで選択しましたし、ゲーミングでもテレワークでも使い易いお手頃価格の製品をチョイスしました。

 

◎USB接続のコンデンサーマイクロフォン

  

★AKG LYRA USB(税込16,300円前後)⇒テレワークでも大活躍のマイクで人気です。

★audio technica AT2020USB(税込16,500円前後)⇒定番の音質で使い易さではトップ。

★SAMSON G track Pro(税込14,900円前後)⇒オーディオインターフェースも搭載して使い方色々です。

★RODE NT-USB(税込20,400円前後)⇒オーストラリアの人気メーカーで使い易い。

★BOYA BY-PM700(税込11,900円前後)⇒音質が良くゲーマーにも人気です。

★marantz Professional(税込10,000円前後)⇒安くて使い易いです。

 

◎XLR接続のコンデンサーマイクロフォン

  

★audio technica AT2020(税込10,800円前後)⇒定番中の中でも1番人気です。

★audio technica AT2035(税込16,300円前後)⇒AT2020の上位モデルで現在ゲームミングで大活躍です。

★AKG P220(税込13,000円前後)⇒非常に使い易くて色々なところで大活躍です。

★MXL V67G-HE(税込15,200円前後)⇒ショックマウント、ポップフィルター、クリーニングクロス、ケース付きで便利。

 

以上2万円以内で1万円以上の価格帯のベストバイを選んでみましたが、USB接続の場合はandroidでもiPhoneでも使えますしテレワークにもピッタリです。

やはりデジタル処理される分、音質が良くなりますのでPCでのレコーディングならUSBのタイプが便利です。

カラオケならXLR接続のマイクが音質も良く、ノイズも少ないのでクリアで声が良く伸びます。

「巣ごもりの楽しみ2」ベルギービールの続きです!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お酒

 ベルギービールの代表格と言うと「ヒューガルデン」ですが、最近は韓国製の「ヒューガルデン」もあって飲めるところが増えましたし、スーパーでも時々見かけるようになりました。

カメラ仲間の間でも知名度は抜群でした。

 

ベルギービールの中でも珍しいのが「トラピストビール」ですが、世界で171カ所のトラピスト会修道院の12カ所で醸造されていて、その内の6カ所がベルギーにあります。

始まりは有名なベルギーの「シメイ」(スクールモン修道院)ですが、11世紀ごろにはもうビールが醸造されていたという事で、歴史が凄く古いのですね!

しかも基準が厳しく管理されているようで、基準を満たした商品にだけ「Authentic Trappist Product」の文字の入った六角形ロゴマークが印刷されています。

 

◎Chimay(シメイ)⇒ブルー9%・ゴールド5%・ホワイト8%・レッド7%など度数の高いものが多く、香りも際立っています。

(Scourmont修道院)好みで選んで頂ければこのメーカーだけでも十分満足です。

 

◎Orval(オルヴァル)⇒6.2%(Orval修道院)グラスは同修道院を設計したアンリ・ヴァースがデザインしたもので、力強いロゴの入った聖杯型です。爽やかなホップの香りに特徴があります。美味しいで〜す!

 

◎Rochefort(ロシュフォール)⇒ロシュフォール6 7.5%・8 9.2%・10 11.3%と度数がちょっと高目で濃厚さが特徴です。 (サン=レミ修道院)

 

◎Achel(アヘル)⇒ブロンド8%・ブラウン8%・(Achel修道院)修道院内にパブがある唯一の存在です。複雑な香りで美味しいです。

 

◎Westmalle(ウェストマール)⇒トリプル9.5%・(聖心ノートルダム修道院)とてもドライなビールですがフルーティーで旨い!

 

◎Westvleteren(ウェストフレテレン)⇒ボトルにラベルがなく王冠に情報がかかれています。ブロンド5.8%王冠緑・エクストラ8 8%王冠青・アブト12 10.2%王冠黄・ (シント・シクスタス修道院)幻のビールと言われるくらい入荷量が少ないというより、購入システムが特殊なのです。

 

修道院があるのはフランスに近いポぺリンゲ近くにあり、修道院の売店でしか買えないからです。

しかも転売禁止ですので入手が困難ですが、一度だけ修道院の修理のため大量に市場に出たことがありました。

残念ながらこれだけはまだ飲んだことがありませんので、機会があったら現地でと思っていますが、時々ブリュッセルでも高い料金ですが飲めるところがあるようです。

 

 トラピストビールは濃厚な味わいのタイプが多いですが爽やか系もありますし、美味いビールが多いですから巣ごもり中沢山飲んでみようと思っています。

グラスが聖杯の形をしていますので、集めるのもまた楽しいですよ!

「巣ごもりの楽しみ1」ベルギービールとそのグラス!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お酒

 コロナ感染拡大で「巣ごもり」となってからもう半年になりますが、随分色々とやってみました。

でもどれも飽きて続いてるのは音楽鑑賞とカラオケ、後はギターが続いているくらいで、珈琲も色々とアレンジしてアイス珈琲を作ったり、お酒の入ったのを作ったりでしたがもう飽きたようです。

 

父とお酒を飲む機会も減ったのですが、飲むとワインでもハイボールでも1杯で足元がふらつく僕なので、父の相手にはなりません。

何しろワインもウイスキーも一晩で2本も3本も空にしてしまいますので勝負にならないのですが、なぜかビールが好きじゃなく沢山飲まないですから不思議です。

 

そこで大好きなベルギービールを用意する事にしました。

好きな銘柄は「ヒューガルデン」というホワイトビール、他にもベルギーピルスナー、ゴールデンエール、レッドビールなどの種類がありますし、度数の高いトラピストビールもあって四国と同じくらい広さの国に1600種類ものビールがあるのです。

またそれぞれの銘柄に合わせたグラスも用意されていて、グラスを集めるだけでも楽しいものですし、我が家のアイス珈琲は全てベルギービールのグラスが使われています。

 

 

「ヒューガルデン」(Hoegaarden)・「パーテルリーヴェン」(Pater Lieven)・シメイ(Chimay)・デュベル(Duvel)・ブルックスゾット(Brugse Zot)・デリリュウム(Delirium)味わいはそれぞれ特色がありますが、みなさんも味わってみて下さい。

グラスも色々あって日本でも購入できますし、350ml〜500mlは入りますのでアイス珈琲用のグラスにも使えて便利です。

 

グラスだけでも楽しめるし、テイストも甘いものから、苦味が強いものや爽やかなタイプもありますので、飽きることがありませんし、シャンパンの様にキメの細かい泡ができるタイプや、1年以上も熟成させたタイプもあってとても面白いです。

二人が好きなのはレモンやオレンジとコリアンダーの香りがして、軽快で爽やかな飲み口の「ヒューガルデン」(Hoegaarden)と「パーテルリーヴェン」(Pater Lieven)は最高に美味いですし、ブルックスゾット(Brugse Zot)のブロンドはバランスの取れた美味しさに大満足、ダブルはチョコレートやカラメルの風味があって濃厚です。

 

1500種類以上ものビールがある訳ですからグラスも色々ある様ですし、いくつか購入して楽しみたいものです。

「巣ごもり」もまだまだ続きそうですので、自宅に籠って色々と楽しんで下さい。