JUGEMテーマ:スマホ

 今年はスマホのカメラ性能もグーンアップして、これまで以上に素晴らしい写真も動画も撮影できるようになりました。

4800万画素・6400万画素・1億800万画素と非常にサイズも大きくなって処理も時間が掛かりますし、手ブレも酷くなってますがAiでコントロールされているので思ったほどではなく良好に使えています。

「ジンバル」があればもっと良くなりますし、カメラスタンドを使えばVlogも楽々です。

 

僕もこれまで3機種のテストをしていますが、現在は「Xiaomi」の製品で6400万画素のスマホを使用中ですがとても快適です。

「Huawei」・「ASUS」・「OPPO」から「Googleストア」の機能を失ってから徐々に勢力図は「OPPO」・「ASUS」・「Xiaomi」とへ変化してきています。

 

特に安くて性能面も優れている製品が次々に発売されているので、取り上げてみます。

◎Xiaomi⇒6400万画素の製品が中心ですが「Mi 10T 5G」・「Mi 10T Lite 5G」・「Poco X3」・「Poco X3 NFC」・「Redmi K30 Ultra」・「POCO F2 Pro 5G」・「Black Shark 3S」等があります。

1億800万画素の製品は「Mi 10T Pro 5G」・「Mi 10 Pro 5G」などですが、価格的にも安目に設定されていて更にとても使い易いです。

 

★「POCO F2 Pro 5G」(税別40,790円)

 

★Poco X3 NFC(税抜31,270円)

 

★Mi 10 Pro 5G(税抜61,305円)

価格的にも10万を超えない製品が多く幅がとても予算に合わせて購入ができますし、3万円台でもカメラはしっかり6400万画素ですので、十分に使える製品が多いので助かります。

他社もお得感のあるスマホを発売していますので、量販店で実際に写真を撮ってみて決めて下さい。