RAW現像に必要なパソコンのスペックとは!

JUGEMテーマ:カメラ

 本来ならカメラをもっと取り上げなければと思っているのですが、本格的には「CANON」「NIKON」「SONY」とせいぜい5種類程度のカメラしか使ったことがないので、初心者のままですしこれから色々と勉強して行こうと思っています。

でもPC(パソコン)は長年父の手伝いで組み立てから教わってきましたし、仕事でも良く組み立てをしました。

中学生からやりましたので、もう知らないことがないくらいですが、カメラで写真を撮るようになって更に勉強が必要で、ある程度の高度な環境構築が重要な事が分かって驚いています。

 

RAW現像ではいろいろな部分で処理が大変時間が掛かる訳ですから、ある程度のスペックが必要になります。

編集作業は素早くできるのですが、これを書きだす時が問題なのでこの部分では、みなさんもイラッとすることが多いと思います。

自分もこれまで使っていたPCでは旧Macにしても不満が残ってしまいますので、新Macの上位モデルは高すぎてとても購入ができない事よりも、カメラが先でしたので自宅のPCをアップグレードする事になりました。

 

Mac Pro級ですと60万円は覚悟しなければなりませんし、僕が使っている現在のカメラもやはり60万円でしたので、両方は購入不可能ですので、使っていたゲーミングPCをアップグレイドして使っています。

今回Intelから新しくCore i9-10900KやCore i7-10700が5月20に発売されましたので、AMD Ryzen9 3950XとRyzen7 3700XとのRAW現像のデータが発表されていたのでお知らせしておきます。

(解像度7360×4912ドットのRAWファイル60枚をベンチマーク用プリセットを適用し、JPEGファイルとして出力し終えるまでの時間を計測したものです。メモリ8×2=16GB・SSD 1TBの環境)

 

☆Core i9-10900K(80,000円前後)⇒21分

★Core i7-10700(62,200円前後)⇒28分

☆Ryzen9 3950X(93,000円前後)⇒16分

★Ryzen7 3700X(39,000円前後)⇒23分

 

カメラの性能にもよりますし、ゲーミング性能ではそれぞれ対等の能力を発揮しているのですが、RAW現像となると5分の差はやはりちょっと大きいです。

それでも30分以内にこの枚数の処理が終わるのであれば、十分な速さだと思いますので、私の場合は「Ryzen7 3700X」で組み込んでみました。

 

◎CPU:AMD Ryzen7 3700X 39,000円

◎RAM:G.SKILL F4-3800C19D 16GB×2 24,000円

◎M/B:ASUS ROG STRIX X570-F GAMING 28,000円

◎M.2:ADATA XPG SPECTRIX S40G AS40G-512GT-C 11,000円

◎SSD:crucial BX500 CT1000BX500SSD1JP×2 2TB 23,000円

◎電源とケースはゲーミングPCで使っていたのを流用しました。(新規購入すると20,000円)

 

合計125,000円(ケースと電源が必要なら+20,000円・ゲームもと思うならRTX2070 SUPERで+60,000円)

私はゲームもちょっとしたい思いがあり、ASUS ROG-STRIX RT5700XT(53,000円)をプラスして仕上げましたので、178,000円となりますが、実はパーツは安く入りますので154,000円前後で出来上がりました。

 

現在は弟にグラボ以外を誘拐され、弟のIntel Core i7のPCにグラボを乗せ換えて使っています。(笑)

僕はRADEONでもGeForceでもいいのですが、環境を10bitカラーとHDR環境にするならGeForceがベターで対応モニターも用意しなければなりません。

日常を取り戻すことが最も難しい!越境も来て欲しいの区別!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 珈琲を飲むのも豆を購入するのも近くに無い場合は、通販で頼むしかないのですが、中には通販をしていない店舗もありますので、ちょっと困る部分に遭遇なんてこともあり得ます。

どうしてもあそこの「釜めし」が食べたい、どこどこの「ステーキが食べたい」等も同じ神奈川県にあるのに、行けない等でおそらくは自粛解除になっても、日常を取り戻してストレスフリーの生活を取り戻すのは、非常に難しいと感じています。

 

寒くなって2月くらいまでは良くした「鍋料理」も、3月に入ってからは一度もできませんでしたので、本当に食生活さえも制限がされていますから、食べたい願望が膨らむ一方で悲しさまであります。

このまま感染者数が減ってくれれば何事も問題なく行くと思うのですが、いつまた緊急事態になるのか心配もあります。

 

子供がいる家庭ではどうしても子供優先で考えなければなりませんし、だからと言って親が感染すると子供の面倒を見てくれる人が居なければ、逆に最悪の事態になりますし、感染を防ぐ事に最新の注意をしなければならないのです。

長期的になればなるほど人々のストレスは大きくなりますので、それこそ最も大きな負担になってしまいますし、県外からの人の出入りも歓迎されないケースも実際に起こっています。

 

競馬も無観客で行われている訳ですが、心配事は尽きないもので通常開催になっても、コロナが終息しなければいつまた感染拡大になるかもと考えるととても心配な訳です。

出掛けるにしても人と会うにしても細心の注意が必要になりますので、これも大きなストレスとなってしまいますし、旅行も今までのように頻繁に行ける訳ではなさそうです。

 

いろんな意味でまだまだこれまでの「普通の生活」には戻れそうもないのですから、辛くても現状の生活を我慢して続けていくほかないようです。

治療薬やワクチンができるまで我慢すると心に決めています。

 

 昨日久々に沢山の人が買い物をしている姿を見ましたが、町田駅周辺ではレストランも商店も賑わっていました。

今回はPCパーツや楽器の付属品の準備や、久々の床屋さんでの散髪もあって、親子3人で出向きましたがやっぱり外は良いですもので楽しかったです。

ただマスクをしているので、とても息苦しくて大変でしたので、暑くなるこれからはマスクも工夫しないといけないですね。

JPEGとRAWの違い!

JUGEMテーマ:カメラ

 JPEGでデータを残すかRAWで残すかは好みの問題なのですが、私は両方残すように心掛けています。

単にJPEGよりもRAWの方が豊富な色情報を持っているのですから、編集する時もその色情報から行うので、素晴らしいい最高の写真ができる訳です。

 

逆光で撮った写真が蘇るのもRAW現像ソフトならではの事なのですが、JPEGにも美しいまま書き出すことができるのです。

撮った写真の歪を補正したり、被写体が背景と一緒にぼやけて写っていても、被写体だけをクッキリと見やすくできたりがRAWの良いところなのですから、最初に撮ったままのJPEGも残すようには心掛けています。

 

8bit表示と10bit表示の違いは以前説明しましたが、JPEGは8bitには対応していてモニターに表示する場合も8bit表示、要するにフルHDモニター(解像度1920×1080)は8bit対応で1677万色、4Kモニター(解像度3840×2160)は10bit対応で10億7000万色となるのですから10bit対応のRAWはこの様に色情報が沢山含まれている事になります。

 

モニターもPCも10bit対応の状態なら、RAW現像すれば更に美しい写真になりますし、モニターもPCもHDR10やDisplayHDRに対応なら更に綺麗な編集が可能ですし、動画の編集などもHDRなら更にグレードの高い仕上がりになります。

もちろん編集にかかる時間は膨大にはなりますが、その価値は十分にあるのですが、モニター側もPC側も10bit対応の環境が必要になりますし、3段階くらい用意する機器が高価になってしまいます。

 

僕の場合ソフト「Lightroom」と「Luminar4」を使っていますが、「Luminar4」は書き出し時間が何倍も必要なので、「Lightroom」に書き出ししています。

今は動画編集していませんので困る事はないのですが、ちょっと周辺機器について書いておきます。

 

「Lightroom」をメインで「Luminar4」をプラグインとして使っていますので、書き出しは「Lightroom」側にしていますのでその方が圧倒的に速いですし、編集には使われるのはCPUのパワーが最も重要でAMD Ryzenシリーズの「Ryzen 9 3950X」(95,500円)が速さでは勝っていますが、価格的には「Ryzen 7 3800X」(44,800円)を薦めています。

 

メモリーも32GB〜64GBは欲しいのですが、やはりPC側の環境はグラフィックカードも入れると15万円から20万円は覚悟しなければなりませんし、モニターは最低でも27インチ〜32インチで40,000円前後からですから、パネルがIPSの方が綺麗ですから選ぶときに注意が必要です。

新製品も沢山でてきますので、近いうちに特集したいと思っていますが、新しく発売されたIPSパネルの製品を紹介しておきます。

 

◎BenQ EW2780U(58,300円前後)⇒27インチIPS・4K3840×2160・HDR10・Type-C

◎BenQ EW3280U(78,700円前後)⇒32インチIPS・4K3840×2160・HDR10・DisplayHDR 400・Type-C・FreeSync

◎Dell U2720Q(60,500円前後)⇒27インチIPS・4K3840×2160・DisplayHDR 400・Type-C

◎Acer NITRO VG280Kbmiipx(42,800円前後)⇒28インチIPS・4K3840×2160・HDR10・FreeSync

ゲーミングノートもリフレッシュレート300Hz対応!(Shun-J)

JUGEMテーマ:パソコン

 ゲーミングノートの新製品が続々と発売予定ですが、なんとリフレッシュレート300Hzの製品を「Razer」や「MSI」が投入してきました。

Razer の「Blade Pro 17」17インチモデルとMSIの「GS66 Stealth」15.6インチモデルとですが、おそらく35万円から40万前後にはなるとおもいますし、高価ですがその価値十分です。

 

 

 

どちらもIPS液晶でフルHDでの300Hzですから、最高にスムースなゲームが楽しめる筈で、USB3.2 Gen2 Type-CやThunderbolt3にも対応していますし、最上位はビデオチップがRTX2080 Super Max-Q仕様という事で、2.3GHz 8-core Intel i7-10875H又はCore i9-10980HKと最強です。

 

最近のゲーミングノートもゲーミングデスクトップも非常に使い易くなりましたし、頼もしいマシンが多くなって環境も本当に良くなりました。

そろそろコロナ感染の恐怖から解放されて、思いっきり外で遊んだり旅行へ行ったり美味しい食べ物を食べに出かけたりしたいのですが、まだまだ危険が去った訳ではないので家でゲーム三昧も良いですね?

「パッシブケーブル」と「アクティブケーブル」の違い!(Kei)

JUGEMテーマ:パソコン

「USB3.2 Gen2×2」のケーブルは色々な場面で使えるのですが、「Thunderbolt3」のケーブルは汎用性に欠けているので使用する時の注意を守る必要があります。

したがって、「アクティブケーブル」なら「Thunderbolt3」専用と思えばいいのですが、20Gbpsでも40Gbpsでも「Thunderbolt3」ならケーブルの長さによっての違いはありませんし、本来「Thunderbolt3」はUSB Type-Cの「Alternate Mode」(Alt mode)という仕組みを利用しているに過ぎないのです。

しかも「アクティブケーブル」でDisplayPortのAlt modeには対応してないので、ほぼ専用であるのですが、5A100W電源供給「USB PD」(USB Power Delivery)に対応しているので便利な部分もあるのです。

(下記の写真の様に3という数字が印刷されています。)

 

 

その点「パッシブケーブル」は1m以上ですと転送速度は20Gbpsで3A対応ですが、0.8mや0.5mの製品なら40Gbpsで5Aにも対応しておりとても便利ですし、DisplayPortのAlt modeでもしっかりと使えますしすべてのUSBに対応しているのは嬉しいです。

しかも「アクティブケーブル」よりも価格も安いのです。

 

 

 

◎Anker「A8486011」0.5m(3,000円前後)

◎Belkin「F2CD084BT0.8MBK-A」0.8m(4,100円前後)

◎Cable Matters「107002−BLK-0.8m」(2,900円前後)

 

ケーブルの形状を見ても間違いやすいですが、「Anker」や「Cable Matters」は安くてデザインも良いですし、「Belkin」はアンプやスピーカー等のAVケーブルでお馴染みのアメリカの会社で、品質の良さは特別です。

ケーブルの規格等はもう少し整理して、分かり易くして欲しいものですね。

63年ぶりの無敗牝馬二冠馬は本当に強かった!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 63年ぶりの無敗での牝馬二冠達成は競馬史上2頭目、しかも勝ち方が素晴らしいものでビックリです。

直線前が塞がる不利がありながら、外から内に切り替えてそこから突き抜けた時は、本当に鳥肌が立ちました。

とにかく動画を見て下さい、直線に入って首が外へ向いたまま100mは走ったと思いますが、残り400mで内に空いたところを真直ぐに伸びてきましたので、上り3ハロンだけでも1秒のロスがあったと思います。

 

残念ながら2着までの的中でしたが、それでも少しはプラスになりましたし、何よりも勝つことへの執念がある馬でとても満足しました。

「デアリングダクト」は父「エピファネイア」の初年度産駒ですから、父の産駒にはこれからも注目です。

 

さて、今週末はいよいよ「日本ダービー」、「コントレイル」の二冠なのか「サリオス」の巻き返しなのか、見どころ満載でとても楽しみです。

 

 

前走から考えるとこの2頭の他には勝つ馬が考えられないくらいの差を感じましたが、別路線からでは力差があり考えられないです。

出会ってしまったコア材のギターに惚れ込んでしまった!(Shun-J)

JUGEMテーマ:ギター

 ギターを本格的に始めて1年になりますが、コロナで学校も休みですしゲームだけじゃ飽きてしまいますので、これまでの練習用のギターから脱皮したいので、父と一緒に楽器店に行ってきました。

殆どの楽器店がお休み状態ですので、町田の「島村楽器」さんに行ってきました。

 

今回は色々と試奏してみて気に入ったのを選ぶためなのですが、「You Tube」でチェックしておきましたので、自分的には「Taylor」か「YAMAHA」の10万円から25万円までの予算でギターとアンプと考えました。

残念ながらコロナ感染拡大で予定していたアルバイトができなくなり、ちょっと厳しいのですがお小遣いと貯めた金額では25万円が限度、でもギターも上手になりたいし音の良さにもこだわりたいと思ったのです。

 

ところがオール・ハワイアン・コア材で構成された「Taylor」に、素晴らしい中音域の力強さに嵌ってしまいました。

音がクリアでとても好みの音なのですが、色合いも素晴らしいものでしたが、ボディトップとバックはアーチ状になっておりとても柔らかそうな雰囲気が大切にしたいと思うギターです。

 

  

 

こちらは「Taylor 224ce-K DLX」(228,000円)ですが、ギリギリアンプとセットで25万円に収まりそうです。

日本のメーカーでも「Takamine」の製品にもハワイアン・コアのギターがありますが、やはりとても特徴のある音が魅力的ですし、マホガニーには硬質では少し劣るものの高域の美しさはとても素晴らしいです。

 

最近は「ココボロ」や「コリーナ」(リンバ)・「ブンヤ」等も珍しい木材なのですが、日本の「ケヤキ」や「カバ」や「カキ」等もギターに使われているようです。

まだまだ沢山の材料がある事が分かったのですが、すべての木材の音質をチェックするのはちょっと大変そうですね。

「Zoom」や「USB3.2 Gen2」などについて!(Kei)

JUGEMテーマ:カメラ

 最近はネットミーティングが「Zoom」や「Google Meet」などのアプリを使って行われていますし、中には面接等でも使われるようになって便利なのですが、アクセスする時はできる限りWi-Fi環境で行って欲しいのです。

スマホのLTE環境で使える場合もありますが、時間や環境によっては途切れてしまう事もあって、ちょっとしたトラブルもあります。

5G環境が使えるようになれば解消はするものと思いますので、それまでは注意が必要です。

 

 続いてUSB3.2 Gen2等の変更点について触れておきますが、USBの仕様については非常に混雑としておりますので、今一度確認をして欲しいのですが、名前が変更されましたので注意が必要です。

ここで疑問になるのはUSB3.0が何処へ行ったのかとなると思いますが、下記の様に変更されたのです。

 

◎USB3.0⇒USB3.1 Gen1⇒USB3.2 Gen1=5Gbps

◎USB3.1 Gen2⇒USB3.2 Gen2=10Gbps

◎USB3.2 Gen2×2=20Gbps(Type-Cのみ対応)

◎Thunderbolt3=40Gbps(Type-Cのみ対応)

 

非常に紛らわしい状態になっていますが、Thunderbolt3は対応周辺機器だけしか接続できないのですが、USB3.2 Gen2×2は下位互換が可能ですから、USB3.2 Gen2対応の周辺機器も接続ができるのです。

したがってUSB3.2 Gen2×2に対応する周辺機器なら、Thunderbolt3でもUSB3.0やUSB2.0でも使用ができるので、汎用性が優れているのです。

 

更にThunderbolt3でのもう一つの問題はゲーブルで、20Gbpsまでのスピードに対応する「パッシブケーブル」と、40Gbpsのスピードに対応する「アクティブケーブル」がType-Cで発売されていますが、「アクティブケーブル」はThunderbolt3専用で汎用性に欠けています。

ところが「パッシブケーブル」には40Gbps対応の物があって製品として発売されていますので注目、これはケーブル長を1m以下にする事でノイズの影響を軽減させて40Gbpsに対応させたものですし、汎用性に優れているのです。(紛らわしいですね?)

 

下記の製品「Belkin」のロゴのある方が1mの20Gbpsのタイプで、3の数字がある方が50cmの40Gbpsに対応しているタイプです。

 

 

 

5月21日に「Sho」が「ポータブルSSD」について書かれていましたので、最高のスピードを得るためにはThunderbolt3対応の製品、汎用性を考えるならUSB3.2 Gen2×2の製品を選んでください。

仕様違反のケーブルが沢山発売されていますので、注意が必要です。⇒(次回特集します。)

 

 続いて第10世代のIntelのCPUについてですが、データが徐々にですが明らかになっています。

AMDのRyzenシリーズとの比較で考えると、ゲーミング性能は大きな差はないのですが、Raw現像においても動画編集においても明らかにRyzenシリーズが有利ですので、フォトグラファーのみなさんにはRyzenシリーズをお薦めしておきます。

自粛解除を期待したのに撮影会もまだ先です。

JUGEMテーマ:カメラ

 フォトグラファーのみなさん、モデルのみなさん、競馬ファンのみなさんこんにちは!

彼方此方でバラ咲き乱れており、更に競馬はクラシックの頂点「オークス」と「ダービー」を迎えますので、撮影会を開催できるように自粛解除を期待したのですが、東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道については25日以降という事です。

 

いずれにせよ「ローズガーデン」や「競馬場」の撮影会は、ちょっと無理かもしれないですが、僕も何とか頑張っていますのでもう少し辛抱しましょう。

早くみなさんにお会いして思いっきり写真を撮りたいと願っていますが、今後は「新しい生活様式」(下記図)の事もありますので、少人数での対応がベターのようですし、「Zoom」や「Google Meet」等を利用した撮影会もできるようにアイデアを出したいと思います。

 

 

この場合もできたら撮影会場を借りても、ガーデン等でもミラーレス一眼カメラや一眼カメラを利用して、本格的な写真をリモートで撮りたいと願っています。

悔しいので、バラを買って撮ってみました。(未編集です。)

 

  

 

何人かのスタッフと幾つかの機材で可能になるかもしれませんので、ちょっと試してみたいと考えています。

またちょっとおしゃれなレストランなどで撮影会ができたら、モデルさんの写真も料理の写真も撮れますので、企画してみたいと思っています。

 

カメラマン4人ぐらいで、モデルさん2人から3人でという10人くらいの少人数での撮影会なら、ランチと撮影とでというのもいいかもしれませんし、来れない人はリモートで撮影が可能にするようにすればいいと思っています。

今後は密にならない工夫も必要ですから、色々とみなさんからの意見も欲しいのですが、これからは生活様式も大きく変化しそうですし、色々とアイデアが必要ですね。

 

新しいカメラも次々に発売されますのでお金も必要ですし、これからは生活基盤を元に戻す努力が先決です。

僕も懸命に頑張っていますので、みなさんも頑張って下さいね、また連絡も下さい宜しくです。

また会えることを楽しみにしています。

外付けポータブルSSDで高速に写真をキープ!

JUGEMテーマ:カメラ

 最近は外付けポータブルSSDに、とても高速なタイプが発売されていますので紹介していきますが、USB3.2 Gen2対応やThunderbolt3に対応したPC(パソコン)が必要ですので注意が必要です。

 

◎USB3.2 Gen2対応機種

 

 

★WD Black P50 Game Drive⇒500GB(22,000円)・1TB(34,000円)・2TB(58,000円)・最大2000MB/s

★Seagate FireCuda Gaming SSD⇒500GB(22,800円)・1TB(34,800円)・2TB(59,800円)・最大2000MB/s

 

◎Thunderbolt3対応機種

  

 

★SAMSUNG X5 MU-PBシリーズ⇒500GB(32,400円)・1TB(55,400円)・2TB(99,800円)・最大2800MB/s

★Panasonic RP-SBDシリーズ⇒512GB(44,500円)・1TB(74,500円)・最大1500MB/s

★WD G-DRIVE mobile Pro SSD⇒500GB(54,400円)・1TB(98,300円)・2TB(154,000円)・最大2800MB/s

 

まだまだ発売されて間もない製品も多いので価格は高めですが、外付けSSDでこの速さなら買いですですし、対応PCがあるなら最高に便利です。

写真や動画も高速に保存できるので便利ですが、PC側が対応していない事が多いのでしっかり確認してください。

最近の新しいノートPCはThunderbolt3に対応しているものが多く、最新マザーボードはUSB3.2 Gen2に対応している製品が多いので確認してみて下さい。

 

コスパ的には内蔵SSDの方が安いのですが、持ち歩ける便利さはとても良いものですし、ノートPCのストレージ拡張にも良いです。