「テレワーク」の効率化と経費としての部分について!

JUGEMテーマ:その他

 今日は「テレワーク」について考えてみたいと思いますが、みなさんの中にも沢山の方が「テレワーカー」として、自宅又はサテライトオフィスで勤務中だと思います。

 

最初に設備はもちろん会社からノートPCかデスクトップPCを支給されるのが理想ですが、交通費の支給率が少なくなる分色々な部分で生活補助をするのが当たり前です。

僕らの場合は日本でも海外でもスタッフとして働く場合は同じ条件にしていますが、最近はフリーランスの方が増えたこともあって海外ではサテライトオフィスの利用が多くなっています。

 

サテライトオフィスに出向いたスタッフが、フリーランサーからの書類を集め日本に一括して送るシステムが効率が良いのです。

バラバラに送られるよりもきちんと整理された状態ですので、効率がアップしますので現地のレギュラースタッフは一人で済みますし、午前中2時間と午後の2時間の間に営業する時間とミーティングタイムが取れますので、とても良い状況です。

 

国内も同じようにしたいのですが、まだスタートして間もないのとみんなが慣れていない事もあって効率的ではありません。

それでも徐々にシステムの構築が進んでいますので、徐々に解消されると思っています。

 

 さてここで問題になるのは会社で仕事する時も、ノートPCやデスクトップPCは一人一人支給していましたので、新しく購入する必要はないのですが、自宅で仕事する訳ですから税法上の経費はどのように処理するのかはこれからの問題です。

これまでは3人だけの会社でしたし、海外も1人のスタッフと数名のフリーランサーがいるだけでしたので、3DK程のアパートで十分でした。

 

サテライトオフィースを設けて、残りは「テレワーク」にして5名の会社に生まれ変わる訳ですが、ネット料金と月2回程度出社する時の交通費は全額会社負担、家賃補助20%と水道光熱費補助30%でと考えています。

問題がないように税理士と相談して決める必要があります。

面白くない競馬と面白い競馬の話!

JUGEMテーマ:競馬

 カメラもパソコンもオーディオも競馬も同じなのですが、仕事で使っているパソコンは楽しくないけど、ゲームをしている時のパソコンは楽しいように、カメラやオーディオもやはり楽しい時と楽しくないときがあるものです。

実は競馬も長年興味はあるのですが、父の競馬はちょっと違うのでちっとも楽しくないのです。

それというのもすべてデータ化されたシステムで合理的に競馬をやるので、好きな馬の馬券を買うとかレースを推理してとかがなく、全く面白くないのです。

 

でも終わってみると僕はマイナスで父はプラスになっています。

それも、普通にレースを購入するのですがたったひとレースが的中すると、その後にG1レースがあろうが無かろうがそこで購入は終わり、後はノンビリとレースを観戦するのみです。

僕はやはりどうしても好きな馬ができてしまうのですが、カメラのシャッターを切りたくなる「尾花栗毛」のような馬が大好きです。

 

 

何とも言えない美しさがあって、競馬場に行ったらつい「尾花栗毛」の馬や「白毛馬」を探してしまいます。

写真は撮るのが好きなので被写体はなんでもいいので、動きのある馬もとても難しいですが大好きですし、競馬も迫力があって楽しいものです。

 

競馬は父と違ってマイナスが多いのですが、負けると悔しいですが推理する事がとても面白いです。

父は買い方が特殊なので勝つのがあたり前、何時もクールなのでちっとも楽しくなさそうですし、競馬の話もあまりしてくれませんし、勝ち方も教えてくれないのです。

勝っているのに面白くないというのはとても贅沢な事なのに、こと「凱旋門賞」だけは違って日本馬を夢中で応援しています。

どうやら過去3回の2着が余程悔しかったのか、その時は別人のように楽しそうなのは普通にギャンブルとしての競馬なのでしょう。

「Cole Clark」のエレアコは素晴らしい!(Shun-J)

JUGEMテーマ:ギター

 最近はエレアコも音が素晴らしいものが多いですが、現時点での人気は海外製品ではアメリカの「Taylor」、国内では「YAMAHA」に人気が集中しているようです。

しかし、21世紀(2001年)にスタートしたオーストラリアの「Cole Clark」社のエレアコは、短い期間に3Wayピックアップで瞬く間に世界中にファンが広がりました。

 

「Jack Johnson」でお馴染みのギターですが、「Manehi Jamal」の澄んだサウンドもとても良いですし、好みの音なのです。

問題は価格で少なくとも20万円以上して初心者向けではないのですが、できたら最初から欲しいギターです。

3Wayピックアップが特徴なのですが、サドルの底に搭載された6個のピエゾと、音のブレンドするフェイスセンサーとコンデンサーマイクロフォンによるサウンドはクリーンでしかも低音もしっかりしています。

 

 

 

「Gibson」や「Fender」など歴史あるメーカーが苦戦している中、創業が2001年とまだ20年も経っていなメーカーがこんなに人気になるのは珍しいのですが、それだけ品質やサウンドが良いと言う表れかもしれません。

僕もこのサウンドの良さを気に入り、いつかは自分なりの1本を買いたいと思っていますが、オーストラリア特有の音楽用木材を使用しすべて単板で仕上げされています。

 

  

何とも言えない風合いで何度か試奏していますが、どれも魅力的で素晴らしい音が特徴ですし、Bunyaという木材がとても良かったです。

コロナ感染で休みが多く自宅を出られない生活ですから、パソコンでゲームをしても時間がタップリ余ってしまいギターを弾く機会も増えて、毎日懸命に練習しています。

 

これからも色々な珍しいギターを紹介して行きたいと思っていますので、お楽しみに!

注目される「Z490」チップセットとマザー「パート2」

JUGEMテーマ:パソコン

 本日はみなさん大注目のMini-ITXマザーです。

小さな「小型PC」や「持ち運べるPC」や「車載用PC」として利用できる事で、毎年色々と注目されるので取り上げます。

サウンド良し、デザイン良し、価格良しで考えると現在は4種類のマザーが発売ですが、まだこれから発売されるものもありますし、MSIは製品の入荷が遅れているようです。

 

中から3種類を選びました。

◎ASRock Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3(37,000円前後)⇒Thunderbolt3搭載・120dB DAC搭載・WiFi6 802.11ax

 

◎ASUS ROG STRIX Z490-I GAMING(37,800円前後)◎GIGABYTE Z490I AORUS ULTRA(32,800円前後)

 

「ASUS」と「GIGABYTE」のマザーについては、やはりこのクラスのマザーでは上位の仕様になっており、小さなPCそれもゲーミングPCやクリエイター向けPCを組むなら、耐久性の強い優れたマザーと言えます。

ミニタワー仕様のケースを利用してエアーフローを確保するのもアイデアの一つで、シングルのグラボで組み込めば使い易いです。

毎日回復者が増加してコロナ拡大が鈍化?(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 競馬場で競馬観戦ができなくなって2か月以上になりますが、5月に入ってからコロナ感染者の回復者が沢山でて、感染者より回復者の数が多くなって良好な状況に変わってきています。

10日朝の時点で入院患者数は7,620名、回復者は8,127名となりましたし、感染者数が減っておりますので、このまま終息に向かってくれたらと願っています。

 

地域によっては病床数が足りなくなっているところもあって、まだまだ予断を許すことができない状況ではありますし、経済活動や学校の再開で爆発的に感染者が増える事もあるかもしれません。

一気に壊滅状態にすることはインフルエンザと同じでできません、長期的に戦うしか方法がないのですから、これからの医療現場も社会の対応も大きく変化する筈です。

 

その他にも仕事などでも大きな変化がもたらされる事になりそうですが、人類は今後このコロナウイルスと戦い続けなければならなくなって、色々な変化を私達の生活に及ぼすものと思っています。

スポーツにしても音楽にしても映画にしても、更にレストランやデパートにしても、今後の影響は少しでは済まない筈で、新しいシステムを構築する必要があると思います。

 

これで私達の環境も大きく変化して、旅行や出張もできなくなる可能性もありますし、難しい問題が山積みされたままになりそうですし、すべての企業や人々がアイデアを出して国を守る事からやり直す必要があります。

こうして殆ど95%は家の中で過ごしていて、外へでるのは買い物ぐらいで銀行もネットで済ませていますが、これもまだまだ続きそうですが、毎朝夕は珈琲を飲みながら音楽を聴いて富士山を眺めるのが最高の楽しみになりました。

 

11日朝5時の「朝焼け富士山」ですが、だいぶ雪が融けてきていますので早めに行きたいのですが、今年は2月初めに行ったのが最後です。

 

 

家族全員と国に帰れなくなった姉と、一人の居候と全部で6人で暮らしていますが、もう毎日することを探すのが大変です。

息子とギターの中古をネットで探したり、PCの新製品をチェックしたりで時間を潰していますが、生活するのも本当に大変です。

できるだけ早くコロナウイルス感染がストップする事を、願うばかりです。

格安SIMと安いネット回線?でカメラを買おう!

JUGEMテーマ:スマホ

 フォトグラファーの中にはゲームも楽しんでる方も多いし「Zoom」経由で、写真を楽しんだりしている方も多いです。

でも、ゲームも「Zoom」も基本は自宅でという方が多いと思いますが、聞いてみるとスマホのアンリミット契約でネット回線ナシの方も結構多いです。

 

先日、格安SIM(MVNO)はフォトグラファーに特化していて、「LINE MOBILE」などの3GBがエンタメフリーなのでできるだけ安くと書いたのですが、ネット回線についても同じことが言えます。

制限なしのネット回線があれば、ゲームも「Zoom」も無料で使えますし、色々なコミュニケーションツールが使えますので、自宅での使い分けがしっかりとできます。

 

ホームルーターもポケットルーターもありますが、制限のあるものが多く速度的にも「光ケーブル」には敵わないのです。

無駄に使っているのはスマホとネット回線で普通に契約した場合ですが、キャリア契約ならスマホの価格にもよりますが平均1万円の金額にネット回線マンションタイプで5,000円、戸建てタイプで6,000円となりますので、最低でも15,000円という方が圧倒的に多いと思います。

年間では180,000円は払っている事になります。

 

「LINE MOBILE」の3GBプラン1,960円税抜きと「格安ネット回線」では、実は問題は解決しないのが普通です。

何故かというと工事代金の割引分がなんと30ヶ月や36ヶ月のケースが多いので、解約手数料と工事代金がしっかり取られてしまうのですが、ネット料金も1年目は2,800円でも、2年目と3年目で普通の価格に戻ってしまうからです。

 

それなら安いネット回線とは何でしょうか?と考えれば最も便利なのはネット設備が付いているアパートやマンションです。

自宅生活の方もネット回線はある筈ですから、家族と一緒なら自分で払わなくてもいいので、例え折半しても2,800円ですし、僕の会社では寮にすべてネット回線がありますので無料なのです。

 

今後2,800円クラスのネット回線ができるかもしれないですが、現時点ではネット回線が無料の賃貸物件は結構あってこれが一番、僕のエリアではワンルームで40,000円前後からの部屋が「J:COM」付きです。

それとコロナ騒ぎで多くなった「テレワーク」ですが、交通費の支給が無くなった分で会社はその分を住宅補助やネット代金補助に充てています。

 

もちろん仕事の場を提供している訳ですから当たり前のことですが、僕の場合は2年前からの「テレワーク」のお陰でインターネット代金は6,000円、銀行へ行ったり事務所に行ったりの交通費5,000円で、ネット代金は2年間で147,600円(1か月6,150円)も得したことになっています。

家族のスマホ分は僕が払っていましたので、スマホ分とネット分の差額はこの2年間で694,800円となり、カメラをワンセット購入できたのですが、しっかりとした計画が必要です。

 

スマホは2年毎に買い替えていますが、4万円から7万円の予算なら会社が負担してくれますし、それ以上なら足りない分を自分で払いますが、ネットが付いていれば2年間で15万弱も違いますので、中クラスのレンズが1本買えます。

最近はカメラや楽器は24回から30回までなら無利息で購入できますので、格安SIMと「テレワーク」やネット回線付き物件でも、カメラのセットが買えるのです。

 

 

次のターゲットは「FUJIFILM X-T4 レンズキット」(260,000円前後)か「Canon EOS R5」(????)と考えています。

カメラは趣味の一部ですが、この先も写真を沢山撮れたら幸せです。

コロナ終息後は大きな変化がある仕事のやり方!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 今は我慢の時ですが、今回コロナウイルスによる感染症で多大なる影響があった訳ですが、多くの業種において経済活動が停止されたように、レストランなどの飲食店は経営者側もそこで働いている人たちにとっても、大きな影響がでて収入源を失って生活が困窮した人たちが沢山になりましたし、ホテルや観光地の商店、映画館などの娯楽、不動産、自動車産業など倒産した会社や商店も多数でています。

 

まだまだ拡大中ですから完全な終息までは2年から3年は必要なのかもしれませんが、いずれ近いうちに経済活動は再開されるとおもっています。

しかし、事務系の職業については、やはり「テレワーク」(在宅勤務)が主流になると思うのですが、工場など生産業務はロボットに変更できるところは変更して、人の手が必要な工程だけを少人数で行うようになるでしょうし、レストランなどの飲食店は店内の業務もそうですが、テイクアウトにも力を入れるという方法をとれなければという心理が働くと思うのです。

 

こんな感じで生活環境も大きな変化があると思うのですが、「Uber Eats」のような宅配業者が沢山できて便利になると思いますし、書類作成の外注も増えたり、学習塾の在り方も変化して在宅学習ができるシステムが構築され、不動産の物件内覧もカメラでのチェックサービスが進むと思いますし、名刺交換もアプリでといろいろな部分で人との接触が少ない環境づくりがされていくと考えています。

 

 問題はいつから経済活動が再開されるかなのですが、長引けばそれだけ生活が苦しくなる人が増えますので、国の助成が早いうちに実施されることを願うだけです。

私達もすべての業務を「テレワーク」にして頑張っていますが、売り上げがダウンしていますので大丈夫だとは言えないのです。

それでも影響は徐々に大きくなっていますので、今後の会社の存続は考えなくてはいけない時期に来ています。

 

どんな職業の人も80%の方は影響があると思うのですが、アルバイトで生活していた学生さんやフリーランスの方は大きな影響があって本当に困っているので大変です。

これからの生活も考えなければいけないし、働く場も見つけなくちゃいけないし、よく考えて行動しないといけないようです。

 

注目される「Z490」チップセットとマザー!

JUGEMテーマ:パソコン

 今日はIntel第10世代CPUに対応の「Z490チップセット」の中でも注目のマザーを取り上げてみました。

そのマザーは「ASRock」の「Z490 Taichi」(50,000円弱)です。

 

この「Taichiシリーズ」はデザイン的にも好きでこれまで何度も扱ってきていますが、サウンドも電源部分も気に入っているので、ASUSの「ROG シリーズ」や「TUF Gamingシリーズ」とともに非常に人気です。

価格的にも無理のない製品でとてもお薦めできるマザーとして、これまでもベスト3に入るくらいの売れ筋マザーです。

 

 

今回の注目は2.5Gigabit LAN(Dragon RTL8125BG)とGigabit LAN(Intel 1219V)とのデュアルLAN、WiFi6対応のWireless LANとBluetooth 5.0+High speed class2、サウンドもESS SABRE9218 DAC130dB SNRと優秀ですし、RAMは128GBまで、Thunderbolt3対応も素晴らしいです。

 

価格は5万円弱でちょっと高めですが、その価値十分ですし、クリエイターの方にもフォトグラファーにもピッタリです。

フォトグラファーなら「Line Sim」がとても便利!

JUGEMテーマ:スマホ

 格安SIMでスマホを使っていると混雑時は通信が止まってしまう事もありますが、キャリアなら「楽天モバイル」の「UN-LIMIT」は月2,980円だが、300万人限定で1年間無料で国内の楽天回線エリアに限り通信量の制限をしてないのです。

でも、実際にその他のキャリアですとどうしても金額が大きくなってしまいますし、2年縛り等があったりで余りお薦めはできないのです。

 

「ドコモ」の「ギガホ」30GB・「au」の上限なし・「SOFTBANK」の「メリハリプラン」50GBなど、SNSや動画サービスなどの通信量がカウントされないサービスもありますが、端末料金や電話のかけ放題プランの加算で結構な価格になってしまいます。

フォトグラファーは何といっても「Instagram」の使用量が大きくなりがちなので、「LINE」・「Twitter」・「Facebook」・「Instagram」・「LINE MUSIC」のデーターフリー付き3GBで1,960円(税込み2,156円)の「LINE MOBILE」はとても魅力的です。 

 

    

 

以前は「DMM MOBILE」が「LINE」・「Twitter」・「Facebook」・「Instagram」・「Facebook Messenger」のデーター無料があったのですが、現在は楽天グループ傘下に入って新規の受付をしていないので残念です。

フォトグラファーにとって何と言っても「カメラが命」ですから、中途半端な契約よりも安くて使い易い環境作りをして、カメラだけは良いものを使いたいと思うので、環境構築は節約しなければならないのです。

 

面白い事をお話ししますが、僕のこれまでの収入からすると現在のカメラ「Sony α7R III ILCE-7RM3」とレンズ2本トータルで65万円ととても購入できないのですが、スマホ3本とiPhonと・タブレットとiPad miniで(父母と弟と自分のも含め)支払いは全部で端末代もいれると月40,000円前後でした。

そこで3年目を迎える時にDMM MOBILEでSim3枚の2セットに切り替え、支払いは8,500円になり毎月22,800円×24回でカメラを購入できました。

 

何と2年間で96万円も支払っていたのですから、現在は2年で20万円強と76万円もの差額がでてしまい、スマホの新製品を購入しても、カメラを2年毎に新調できるのですから恐ろしい事です。

最近は端末が高額になった事もあり2年縛りや3年縛りどころか4年縛りまであるくらいでしたから、それこそ大好きなカメラをこれから増やしていくなら、スマホ等の料金は考え直す必要がある訳ですし、今は「Instagram」が無料で使えるならこれ以上便利な事は無い訳です。

 

今回は「LINE MOBILE」を紹介しましたが、みなさんも格安SIMでカメラを新調してみて下さい、1契約で2,000円と8,000円でほぼ月6,000円は違いますし、カメラ新調のため考えてみて下さい。

しかも、「LINE」・「Twitter」・「Facebook」・「Instagram」・「LINE MUSIC」の無料は最高ですよ!

最近のエレアコのピックアップは3Way!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 最近人気のエレアコですが、「YAMAHA」(日本)・「Cole Clark」(オーストラリア)・「Maton」(オーストラリア)の製品がどうして好かれているかというと、やはり音の良さでしかも独自の音や好みの音が得られやすい事で、エレアコの良さが十分に味わえるからだと思っています。

 

  

 

ピックアップが3Wayであることが特徴なので、ピエゾマイクにありがちな籠った音がしないことが人気の原因ですが、「Taylor」がピエゾでも改良を重ねて綺麗なきらびやかなサウンドにして人気になったように、この新しい3Wayのピックアップはさらにワンランク上のサウンドが得られるようになったのです。

 

  

 

マイクとピエゾの音をミックスすることでメリハリの利いたサウンドが作れるようにしてありますし、ライブや弾き語りなど場所に合わせて音の調節ができるという利点がありますし、小さなライブハウスでも大きな会場でも使えるという利点はとても便利です。