コロナは本気で対策を考えないと第2波はもうすぐです!

JUGEMテーマ:その他

 東京も神奈川も含めて色々な場所で若い人達の感染が拡がり始めていますが、きちんとした対策をしないと二次、三次と感染が拡がって止められなくなって、第2波は間違いなくすぐそこにいます。

学校に波及すれば大きなクラスターとなって大きく感染が拡がる訳ですが、もうオリンピックどころではなくなりますし、仕事も経済活動も窮屈になってしまいます。

 

僕は写真を撮るのが大好きでいつでも飛び出していきたいのですが、コロナ感染が怖くて平日の午後9時から出発し「高ボッチ」へ行き、夜空と朝の雲海の写真を撮って午前9時には自宅へ向けて「高ボッチ」を後にしました。

強行軍でしたが平日なので「高ボッチ」であった人は5人前後でしたし、富士山も観えませんでので残念なのですが、高速道路は結構混んでいました。

 

久しぶりにカメラバッグを持って出かけましたので、疲れがひどくその後12時間も熟睡です。

コロナ禍3ヶ月でこんなに体力が落ちてしまうのですね、運動も少しはしなければならない事を痛感していますし、大好きなお酒も「家飲み」でPCやスマホでカラオケを楽しんでいます。

大好きなのに酒には弱くて、ワインは2杯、日本酒は1合で手足が痺れるくらいです。(笑)

 

更に最近はギターもちょくちょくですが練習し始めました。

家にはエレキ2本、エレキベース1本、アコーステックギター4本(エレアコ3本)と弾き放題ですが、ゲームのようにはいかないもので苦労しています。

こうして結構家でも頑張れるのですが、仕事も「テレワーク」ですから時間の使い方が難しいです。

 

心配なのは更なるコロナ感染ですが、御覧の通り若い人に感染者が多いという事は感染拡大が早いという事です。

「イスラエル」の様に4月中旬には一段落したのですが、6月に入ってから感染拡大が再スタートしましたし、日本もこれまで以上に自粛を促さないと状況が悪化します。

 

 仕事は休業状態が続いていますので今後が心配ですが、こればかりは自分が頑張ってもどうにもなりませんので、経理の事やテレワークシステムの勉強などを懸命にしています。

会社はフリーランスの方と個人事業主が多いので、仕事が暇になると収入が大きく減ってしまうので本当に気の毒です。

キチンと確定申告をしていれば良いのですが、していない人もおられるようで国の援助が受けられない人もいて大変です。

 

フォトグラファーのみなさんやモデルさんにも早くお会いしたいのですが、もう少し我慢が必要ですね。

7月後半から8月にはイベントも企画したいと考えていますが、できたら幸せですのでみなさんも無理をしないで元気でいて下さい!

コロナ感染の終息は?最終患者数は?まだまだ油断はできません!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 怪情報ばかりが先行してしまう現代社会の構造は、いろんな意味で混乱を招いている訳ですが、コロナ感染の終息は以前から言っているように「ワクチンと治療薬が完成しなければいけないという事」に尽きると思うのです。

南米・アフリカ・中東などで猛威を振るっているように、このまま増え続けると年末には全世界の感染者数は3,500万〜4,500万人に加速する事になります。

 

今はまだ落ち着いていられますが、先進国の多い北半球に比べて、南半球の医療はあっという間に崩壊状態になってしまいますし、経済活動は完全にストップ状態になってしまいます。

今も物流は普通の状態ではなく、沢山の輸出入品が影響を受けており、私達の会社も影響が大きくなってきています。

 

これからはどの会社も耐えることが最大の課題となって行きますし、人々は生活を守るために必要なもの以外は買わなくなりますので、経済活動は徐々に落ち込んでいくのが見えています。

生活に必要なものが不足すればさらに混乱が起きますので、すべての生活用品だけは確保してパニックにならないようにコントロールしなければならないです。

 

東京でもいくつかのクラスターが発生しているように、一旦落ち着いた欧州でも同じ事が数件起こっていますので注意が必要です。

こうして今後はすべての国で第2波がスタートする懸念が残されている訳ですから、十分な注意が必要なのですが、どうにか持ちこたえられるように頑張って欲しいと思っています。

病床がタップリあった日本でも医療現場がパニック状態だったのですから、病床の少ない南米やアフリカではもっと大変な事態に陥っている訳ですからこれからが大変です。

 

仕事があるのですから人との接触がゼロという訳にはいかないのですが、対応の方法を変えないととても感染を止めることはできないのですが、経済活動の再開による影響は少なくない訳で25日はアメリカで4万人の感染者がでましたし、オーストラリアや欧州でもこれまでよりも増えています。

 

こんな感じで第2波が近づいていますので、とても厳しい状況にある事は間違いないです。

みなさんが治療薬やワクチンができるまで感染しないよう祈ってます。

小さなケースに入れるベストマザーはこれ!

JUGEMテーマ:パソコン

 AMDのCPU、Ryzenシリーズが大人気ですが、今回は小さなケースに入れるマザーとしてはどうしてもMini-ITXサイズがピッタリですし、大きさもそれなりに小さいので扱い易いのが特徴です。

できればThunderbolt3搭載であれば、VGA(GPU)の選択技も増えますが対応マザーが少ないので、最低限WI-FI6対応の無線LAN搭載は今後の事を考えると最低限欲しいパーツです。

 

小さければ車載用デスクトップPCとしても、部屋から部屋への移動も簡単で便利ですし、選ぶCPUとVGAによっては写真編集でも動画編集でも大活躍しますし、VGAの性能によってはゲームも楽しめます。

そしてDTMやカラオケも楽しめるミラクルPCマシンが構築可能です。 

 

◎Intelチップセット(LGA1200)

★MSI MEG Z490I UNIFY(31,800円前後)

★ASRoc Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3(37,000円前後)

  

 

◎AMDチップセット(AM4)

★ASRoc X570 Phantom Gaming-ITX/TB3(35,400円前後)

 

非常に小型で綺麗な最強PCが作れますし、フォトグラファーやゲーマにもお薦めです。

Thunderbolt3があれば外付けのVGA BOXの利用も可能になりますので、とても便利になります。

 

だからと言ってATXサイズのマザーでも実はThunderbolt3を追加できる、増設カードが売られておりますのでどのPCでもThunderbolt3が使えるようになります。

  

こんなに色々なメーカーの増設カードが実際に売られていますので、外付けVGAや10bitカラー利用のためなど、高速な環境を整えて軽快な作業ができるように工夫したいものです。

ホームページを作ったりするときの画像や動画の編集など、色々な場面で大活躍しますよ。

小さなケースに注目が集まるフォトグラファーのPC!(Shun-J)

JUGEMテーマ:パソコン

 PCは小さくて部屋から部屋へ持ち運びできるデスクトップPCが人気です。

フォトグラファーもクリエイターも同じように口を揃えて言うのが、小型でWI-FI付きのデスクトップPCで注文も多いです。

人気のあるケースを取り上げます。

 

◎INWIN A1PLUS & A1PLUS-PGA(23,900円前後電源付き)

   

 

◎RaiJintek OPHION EVO & OPHION(12,500円前後)

   

今回はこちらにスポット当てますが素晴らしいケースで、中は狭いですが良く設計されたアルミケースでライザーケーブルでGPUを接続しますので、エアフローもしっかりと考えられています。

前面にType-Cも用意されていますし、よく考えられたケースとなっています。

 

 

パーツの取り付けも簡単なので初心者にもお薦めですが、小さくてもバリバリと写真編集ができます。

ピカピカ光る最強写真編集PCを製作しま〜す!

JUGEMテーマ:パソコン

 家に居ることが多いし仕事も「テレワーク」で注文も少ないので、暇を持て余しております。

したがって時間がタップリあるのに、何処にも出かけられないし仕事も少なく事がない状態で、パソコンを組み込むのが最大の楽しみです、PC工房「Room365」の在庫パーツと新マザーでキラキラピカピカのPC「最強写真編集用PC」を組み込んでみました。

 

  

ケースも色々あって中にはピンク系の可愛いのがありますが、今回僕が選んだケースは「SILVERSTONE SST-SEA1-G」(15,200円前後)です。

こちらのケースは電源がすっぽりとカバーの中に納まるので、ケーブルの取り回しが綺麗に行えるので最高です。

 

  

ケースが決まったのでパーツを選んでみました。

 

◎M/B:ASUS TUF GAMING B550M-PLUS (WI-FI)(20,000円前後)&MSI MAG B550M MORTAR WIFI(21,200円前後)

音楽を聴くために必要な「S/PDIF」、円滑なネットアクセスのための「WI-FI6」、高速転送のための「USB3.2 Gen2 Type-C」は必須だと思ってください。

 

◎CPU:AMD Ryzen 9 3900X(60,000円前後)

◎RAM:G.Skill F4-3600C16D-32GTZNC(23,900円前後)

  

 

◎SSD:M.2 SEAGATE FireCuda 520 SSD ZP500GM3A002(15,100前後)

◎SSD:Crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(13,000円前後)

 

ここまでが基本ベースで132,000円強ですが、この他にケース・CPUファン・電源・ケースファン(全部で40,000円前後)やGPU(VGA)が必要です。

 

  

 

GPUは10bitカラーやゲームをするならGeForce GTX1660 Ti(28,000円前後)〜RTX2060 SUPER(44,600円前後)〜RTX2070 SUPER(56,000円前後)〜RTX2080 SUPER(81,600円前後)〜RTX2080Ti(131,400円前後〜198,000円迄)があります。

ゲームよりも10bitカラーなら丁度200,000円でパーツが揃います。

 

GPUもRTX2080 Tiだと合計で400,000円が基本ベースとなりますので、覚悟を決めて貯金して下さい。

これでピカピカキラキラの完成ですが、今月だけでも随分売れましたし最近は小さなケースでという方も増えました。

「家飲み」に最適なお酒はこれで〜す!

JUGEMテーマ:お酒

 今日は「高ボッチ」へ行ってきますが、沢山の人数で移動ができませんので抜け駆けです。(許してください!)

車中泊で高校時代の友人と二人で行ってきますが、良い写真を撮れるかどうか良いのがあったらあとでインスタでアップします。

 

随分暑くなりましたし、この3か月間殆ど「家飲み」で父や会社の友人と一緒に時々飲んでいるのですが、最近は徐々にハイボール・ワイン・冷酒・ビール等、冷たいお酒が主役になってきました。

日本酒は冷酒で「伯楽星」・「東洋美人」・「醸し人九平次」など小ぶりのワイングラスで、チビチビとやるのが好きでおつまみも洋風が多くなって、バリエーションが増えました。

 

ハイボールも「カルヴァドス」・「スコッチ」・「バーボン」と色々なハイボールを楽しんでいます。

ワインは最近は「ボルドーの赤」・「イタリアのリパッソ」・「勝沼の白」などが好まれて飲んでいますが、ビールは「ベルギーのヒューガルデン」などのホワイトビールを飲むことが多いです。

 

外でも「日本蕎麦」の店舗でも日本酒やワインは最高に美味しいと思いますが、蕎麦や蕎麦味噌や身欠きニシンの煮つけなどをおつまみにするのもとても美味しいで。

僕は蕎麦みそ焼きが大好きで、よく冷酒と合わせます。

 

食中酒としては最高と言われる「伯楽星」、素晴らしいフルーティーな芳香と濃厚な旨味の「東洋美人」、洋風のおつまみにもぴったりでバランスよい「醸し人九平次」は本当に美味しいです。

 

日本酒はコップ1杯で手足が痺れてしまうくらい弱いのですが、何よりも好きなお酒で、翌朝の肌がつるつるもうれしいです。

 

今回はこんな感じで日本酒を特集したのですが、リーデルの日本酒用のグラスも良くできていて、上記のワイン樽で熟成させた日本酒にもピッタリ、グラスに拘るのもお酒を美味しく飲むコツだと思っています。

ベルギーではビールによって違うグラスを使うそうですが、次回はビールについて書きたいと思います。

大人気Ryzen用新マザー大量に登場です!「ATX MSI」

JUGEMテーマ:パソコン

 今回からしATXサイズのマザー特集ですが、まだ未入荷のマザーもありますので入荷済みの製品から紹介していきます。

最初は「MSI」なのですが現在4枚のATXマザーが流通していますので、それらを取り上げます。

 

◎MSI B550-A PRO(17,600円)⇒事務用としては最高のマザーになりそうです。

◎MSI MAG B550 TOMAHAWK(22,000円)⇒ゲーミングに最適LANもデュアル(2.5&1.0G)でS/PDIFもあってサウンドもOK!

◎MSI MPG B550 GAMING EDGE WIFI(23,000円)⇒ゲーミングでもクリエイター向けでも素晴らしいマザーでWI-FI6も搭載で文句なしの注目のマザーです。

既に組み込みしてみましたが、良好です。

 

  

 

◎MSI MPG B550 GAMING CARBON WIFI(26,400円)⇒さすがの「CARBONシリーズ」、ゲーミングでもクリエイター向けでもこれなら大丈夫です。

こちらも組み込み完了で、出荷までの3日間のテストをしています。

 

  

マザーのデザインとしてはやはり「CARBONシリーズ」が美しいですし、大好きですねぇ〜!

最近はカラフルなケースでライトアップされてピカピカでついつい癒されていますが、早く写真を撮りに行きたいです。

 

 

最後にCOOLER MASTER(クーラーマスター)のゲーミングキーボード「MK110」が6月26日に発売されますが、僕も幾つか同社のキーボードを使いましたが、とても使い易いのと価格が4,000円台〜5,000円台と安いのでお得感が最高です。

注目ですよ!(注意が必要なのはUSBのドライバーの混雑を整理して使用してください。)

大人気Ryzen用新マザー大量に登場です!「MiniITX&MicroATX」

JUGEMテーマ:パソコン

 AMDのCPU「Ryzenシリーズ」が大人気ですっかり、隅っこに追いやられてしまったIntelの「Core iシリーズ」ですが、更に追い打ちをかけるように対応チップセットB550マザーの発売が次々に発表され、次々に入荷が始まっています。

しかも今回は「MicroATXサイズ」のゲーミングマザーも、「テレワーク事務」向けのマザーも選択技が増えたことで、需要が高まるものと思っています。

 

そこで事務用マザーとゲーミングマザーを分けて「MicroATX」サイズを中心に紹介します。

◎事務用(ゲーミングPC用にも使えますが、TYPE-CやS/PDIFは欲しいですね?)

☆ASUS PRIME B550M-A(14,000円前後)

☆ASUS PRIME B550M-A(WI-FI)

☆BIOSTAR B550GTQ

☆GIGABYTE B550M AORUS ELITE

☆ASRock B550M Pro4

☆ASUS PRIME B550M-K

 

◎ゲーミングPC用

☆ASUS TUF GAMING B550M-PLUS(18,000円前後)

☆MSI MAG B550M MORTAR

☆ASRock B550 Phantom Gaming-ITX/ax⇒MiniITX

☆GIGABYTE B550I AORUS PRO AX⇒MiniITX

☆GIGABYTE B550M AORUS PRO

☆ASRock B550M Steel Legend

☆MAG B550M MORTAR WIFI

☆ASUS ROG STRIX B550-I GAMING⇒MiniITX

☆ASUS TUF GAMING B550M-PLUS (WI-FI)

 

  

お薦めはRyzen7〜9で小さめのケースで、WI-FI付きのゲーミングPCがいいですね!

TYPE-CやS/PDIF搭載のタイプが色々と使い易いので、ちょっとだけ奮発してください。

急激にコロナ患者が増えてきています!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 経済活動が再開されて以来、東京や北海道や福岡等で急激にコロナ感染が広まりつつありますが、これからが正念場と思っていますから、これまで以上に注意が必要です。

イスラエルや韓国、そして中国でも徐々にコロナ感染者が増えてきていますし、南米やアフリカや中東では第1波が猛威を振るっており、18日から19日にかけて全世界で1日で18万人も感染者が増えました。

 

計算上では感染者は年内に4,000万人に達することになりますので、経済活動は限定したものにしなければ人類よりも先に経済が崩壊してしまいます。

今後は各国との連携も崩れていくような状態に陥る事も十分に予想される訳ですから、そうならなければ幸いなのですが、なんとなく悪化しそうな要因があり過ぎです。

 

最初に南北朝鮮の関係崩壊、中国とインドの小競り合いはとうとう武力闘争に発展、米国と中国との貿易戦争の悪化、オーストラリアと中国の貿易摩擦もコロナ問題から勃発、ロシアやブラジルでは医療崩壊が起こっている様で、急激に医療関係者の死亡者が増えています。

このままだと世界中の経済活動は、ゼロから構築しなければならなくなりますが、情報だけはインターネットのお陰でなんとか素早い対応ができるようになっている訳ですし、問題はグローバルな活動が実質的なアナログ部分がストップ状態である事、思惑で株が上がったり下がったりで、経済の基盤が壊れかけている事に注目が集まっていなことなど、悪い条件が揃っています。

 

飛行機の航行が減っているのですが、貿易関係でも輸送費の高騰で物資の値上がりが続いており、「テレワーク」関連や「輸入食品」関係も徐々に値上がりが続いています。

「テレワーク」の推進で、PCパーツはマザーボード・モニター・マイク・オーディオインターフェースも全体的に15%〜25%の値上がりがしています。

 

逆に値下がりしているものもありますが、全体的にみると高くなっていることは間違いがありませんし、中国の輸出が回復すれば徐々に値下がりするのでしょう。

各メーカーが中国の工場を閉鎖してその他の国に生産地が移動中なので、回復するまでは少し時間が必要になりそうです。

 

こんな状態ですから「テレワーク」だけで生き残れる会社は、非常に僅かだと思っていますが、感染を拡大させない方法を考える事が不可欠ですし、感染者拡大を最低に抑えるために東京や大阪から本社を移す事や、環境の良い地域に分散させて社内で感染が広まっても会社の機能が失われる事がないように工夫する必要があります。

都市の場合はインフラに問題が生じればすべての経済活動はストップする事になります。

 

どうかこれらを念頭に感染しないようにして、生活していただきたいと願っています。

大人気AMDチップセットマザーのベスト5(Shun-J)

JUGEMテーマ:パソコン

 大人気のAMD Ryzen用マザーですが、こんなに人気になったのは初めてです。

PC工房「Room365」でも同じで7:3と大きくIntelのチップセットを離していますが、コロナの関係で1月から比べると20%ぐらい価格が上がっています。

中国工場の稼働が遅れたり貨物航空機の減便で在庫が少なくなっているので、価格がはね上がっているようですが、これから「テレワーク」等でまだまだ需要がありそうです。

 

色々な場面での問い合わせが沢山あるのですが、事務用のPCも少し注文が入っていますので、良質なマザーを選んで紹介したいと思います。

◎ATX

 

 

1位:MSI MPG X570 GAMING PLUS(19,100円)

1位:ASUS ROG STRIX X570-F GAMING(28,200円)

3位:MSI MEG X570 UNIFY(30,700円)

4位:ASRock X570 Steel Legend(25,000円)

5位:MSI MPG X570 GAMING EDGE WIFI(21,900円)

 

◎MicroATX&MiniITX

 

1位:GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI(29,300円)MiniITX

2位:ASRock X570M Pro4(22,200円)MicroATX

3位:ASUS ROG STRIX X570-I GAMING(37,800円)MiniITX

4位:ASRock X570 Phantom Gaming-ITX/TB3(35,000円)MiniITX(Thunderbolt3搭載)

 

素晴らしいパフォーマンスで大満足で〜す!

こんなにスムースにゲームができてとても幸せですし、現在は「ASUS ROG STRIX X570-F GAMING」+「Ryzen 7」で使用中です。お勧めです。