巣ごもり生活での楽しみはやっぱりオーディオかな?パート2(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 巣ごもりの楽しみはオーディオだけではないのですが、競馬も同じでPCデスク上で中継を聴いてますし観戦も同じです。

また、ゲームもカラオケも映画もすべて同じオーディオを利用していますので、ほぼ365日毎日使っている訳ですが、環境的にはやはりDAC搭載のシステムにして音楽もクリアなサウンドで楽しんでいます。

 

ノイズが少なくモサッとしないクリアな音でないとなんとなく疲れてしまいますので、環境だけは整えています。

DACがあるないでは大きく音質に差が出ますので少しは拘りを持ちたいものですが、android系のスマホでも音楽を聴いたりするのにDACを挟んで使えば同じように音質はぐっと良くなるのです。

 

ここ2年くらいはDAC市場も新しい製品があまり出なかったのですが、最近は時々は新製品の発表がされるようになりました。

アサヒ化成のDACチップに新しい製品が加わり驚異的な性能で注目を浴びていますが、DACならどれでもいいといい事ではなく自分の耳で聴いて、好みの物を選んでいただければと思います。

24bitよりも32bitの方が音質が良くなるは当たり前なのですが、高域が耳障りなくらいキンキンだと聴いている内に疲れてしまいますし、好みで選ぶのが一番大切です。

 

最近のPC用マザーボードにはDAC搭載の製品が多いので、AVアンプやレシーバーに繋いでも普通にいい音で、音楽を聴けるようになりましたし時代は大きく変化したものです。

最近はヘッドフォンやイヤーフォンも音質がとても良いものが多く出ていますし、環境は非常に良くなったと思っています。

私はジャズヴォーカルがメインですので、24bit/96kHz/192kHzで丁度いいくらいです。

 

もしスマホの音が悪かったらiBasso Audio製の「DC01」(AK4493EQ搭載6,900円前後)と「DC02」(AK4490EQ6,200円)がありますので、使ってみて下さいグーンと音が良くなります。

 

 ​ 

 

これで貴方のスマホはデジタルオーディオプレーヤーに大変身ですし、PCにも繋げても音質はグレードアップしますよ。

イコライザーで好みの音にプリセットして使えば万全ですし、音質の良いヘッドフォンを用意すれば最高です!

巣ごもり生活での楽しみはやっぱりオーディオかな?(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 巣ごもり生活もほぼ6か月、2月までは普通に旅行行ったりしてましたので、旅行が無くなったのと外食が少なくなった事だけでもギリギリだった生活費も毎月残るようになりましたし、色々とPC関係やオーディオ関係の周辺機器を購入したり、家で色々楽しめるようにしました。

 

「テレワーク」もあったので、コンデンサーマイクロフォンを2本、ダイナミックマイクロフォンを2本、エレアコを2本、アンプを1台、PCデスクを2台、仮眠用にベッド2台と揃え「弾き語り」や「カラオケ」を自宅で楽しんでいます。

年内にはAVアンプやTVも揃えたいと思っていますが、旅行へ行けないのは本当に寂しいです。

 

もうすっかり出掛けない生活にも慣れましたし映画も自宅で楽しんだりしていますが、やっぱり映画館で映画を観たいという気持ちは変わらないです。

さて音楽を聴く時はみなさんも「テレワーク」中は別にして、夜とか朝とか時間は色々だと思うのですが、PCデスクの傍で聴く事が多いと思います。

我が家でも、息子二人は自分の部屋のPCデスク、私は書斎のPCデスクで環境的にはニアフィールドですから、私はYAMAHAのプリメインアンプにYAMAHAのスピーカーの組み合わせ、息子たちはお兄ちゃんがKenwoodのコンポとスピーカー、次男はKenwoodのアンプとpioneerのスピーカーと言う組み合わせです。

 

その他にもONKYOのレシーバーにスピーカー、Panasonicのコンポにスピーカー、SONYのコンポにスピーカーもありますので、どこにいても音楽は聴けるようになっています。

この他にもDENONのアンプとDALIのスピーカー、YAMAHAのAVアンプにSONYのスピーカーもPC工房に用意されています。

 

さいきんPCデスクを新調しましたので色々と移動がありましたが、それぞれが自分の好みがありますので、息子達はゲームがメインの時はヘッドセットを使用しています。

今回、YAMAHAのプリメインアンプの試聴した時にDALIのスピーカーと、JBLのスピーカーを中心に聴いたのですが、DALIの「OBERON1 DW」(ペア48,000円)と「MENUET SE」(ペア173,000円)がとても気になっています。

 

 

◎「OBERON1 DW」⇒幅162mm×高さ274mm×奥行234mm・周波数51Hz〜25kHz・130mmウッドファイバーコーンウーハー・29mmソフトドームツィーターで、非常に完成度の高い艶やかな中域はジャズヴォーカルにピッタリです。

 

◎「MENUET SE」⇒幅150mm×高さ250mm×奥行230mm・周波数59Hz〜25kHz・115mmウッドファイバーコーンウーハー・28mmソフトドームツィーターで、こちらはさらに完成度が高く艶やかな中域だけでなく高域もしっかりでクラシックもとてもソフトな輝きのあるサウンドでビックリでしたし、ヴォーカルもさらに素晴らしい。

 

どちらも好きな音ですが、ヨーロッパ系のスピーカーでは、ブリテッシュ系(B&W・タンノイ・PMC等)、フレンチ系(フォーカル)とは違った感じでとても好きなメーカーですし、お薦めです。 

8K対応のAVアンプとプリメインアンプの新製品!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 巣ごもりが長くなりそうなので、オーディオ環境とPCオーディオ環境を少しづつ調整したり、システムの変更をしています。

何と言っても寂しい限りで徐々に日本のメーカーが身売りして、減ってしまったこともあり新製品の発売もとても少ないのですが、先日やっとYAMAHAのプリメインアンプの試聴が出来ました。

 

AVアンプや他のメーカーの製品も気になっていますが、特に「Marantz」の製品が我が家から無くなってから6年が経ちました。

以前はオールドマランツ時代から、我が家のプリメインアンプは40年間も「Marantz」でした。

アメリカ時代も日本製になってからも愛用してきたのですが、最近はPCオーディオのテスト環境はすべてニアフィールドなので、パワードスピーカーや小型のミニコンポ用のプリメインアンプ(レシーバータイプ)がメインでした。

 

ただやはりこんな感じで「巣ごもり」状態なので、ジャズヴォーカルだけでなく時々はクラシックやオーケストラの映画音楽も聴きたいのですから、ニアフィールドではどうしても物足りないのです。

スピーカーもアンプもとちょっと気になって試聴に出掛けていますが、ちょっと気になったのが「Marantz」です。

先日、視聴に行った時に飛び込んできたのが新製品のニュース、9月にAVアンプ「SR6015」(148,000円税別)とプリメインアンプ「PM6007」(64,000円税別)・「CD6007」(50,000円税別)も発売されます。

 

◎SR6015⇒ミドルレンジの価格で8Kにも対応した、機能全部入りの高音質9chのAVアンプでとても魅力的です。

ゲーミングでもVRでも各規格に対応しているので、映画やTVもゲームも含めあらゆるコンテンツが楽しめます。

 

 

 

 

◎PM6007⇒薄型のアンプで使い易いのが特徴ですが、どれだけ前モデルよりグレードアップしたかは試聴してから書きます。

入門機としては上級機と変わらないスペックで、楽しみです。

 

 

 

リビングのサウンドも現在は「YAMAHA」のAVアンプが大活躍ですが、仕事場も「YAMAHA」のプリメインアンプで音楽を楽しんでいます。

PC工房のサウンドテストでは長年「DENON」のプリメインアンプを使っていましたが、そろそろ新しいものに変えようと思っていますし、最近はカメラで動画も撮りますのでサウンドの確認はやはりしっかりしたアンプが必要です。

 

巣ごもり生活もだいぶ慣れてきましたが、旅行へ行けないしレストランにも出かけられないし、無駄なお金を使わなくなったのでそろそろ新しいアンプをと考えています。

YAMAHAの新しいプリメインアンプA-Sシリーズ(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 5月のコロナ禍の中で新しく発売されたYAMAHAのプリメインアンプ「A-S1200」(税込み264,000円)・「A-S2200」(385,000円)・「A-S3200」(704,000円)の試聴が出来ました。

3年近く新製品が発売がされなかった部門なので心配したのですが、同A-Sシリーズの発売は5年近く前の2015年7月でしたし、ちょっと期待をして試聴してみました。

 

  

後ろのパネルの写真もアップしておきます。

 

下位機種にはないのがバランス接続のコネクターだけで仕様はほぼ同じになっている様子ですから、後はパーツや基盤の差だと思ってください。

ただ音質は上位機種がやはりより鮮明で綺麗ですが、ジャズヴォーカル中心に聞き比べてみましたので、艶やかなクリア差と伸びの良さでもう少し時間がたてば更に柔らかさが加わってもっと良くなると思います。

 

クラシック系は音質的にはあまり好きではないのですが、試聴に使ったスピーカーがDALIとJBLの製品が中心でしたのでヴォーカルが良く聴こえたのかもしれません。

エージングが進めばもっと良くなるでしょうから、その時は色々なスピーカーで聴き比べてみようと思っています。

 

古き良き時代の珈琲専門店のアイス珈琲とは!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 コロナの影響で街の珈琲店やレストランが次々と閉店して本当に残念に思います。

私は小学生の頃から珈琲を飲んでいましたので、珈琲だけは田舎時代も東京時代も今もこだわりはあるのですが、「スターバックスコーヒー」でも「コメダ珈琲店」でも「ブルーボトルコーヒー」でも近くに開店すれば必ず足を運ぶようにしています。

もちろん家では3種類のペーパードリップを使って珈琲を毎日淹れていますが、次々と店舗が閉店に追い込まれていて気の毒です。

 

我が家はいつも週末になると珈琲を飲みに来る友人が沢山いたのですが、8月からはもう家族だけになりました。

近くに有った「カフェコロラド」も閉店して、喫茶店は皆無となりましたので、どうしても「家カフェ」になってしまいます。

いつもは「カフェマキアート」と「キャラメルマキアート」が人気なのですが、今月は「アイスキャラメルマキアート」が人気でよくリクエストが入ります。

私はホット珈琲が一番好きですし、何処でもブレンド珈琲のホットが中心です。

 

古き良き時代のアイス珈琲とはブレンドされた生豆をフレンチローストにして、しっかりとドリップしてグラスに山盛りに入れた氷で急激に冷やして香りを残した状態で呈するのが当時のアイス珈琲です。

甘味は先にお客様の好みを聞いてから珈琲を淹れますので、しっかりと苦味のある後味のスッキリしたアイス珈琲にするのがベストだと思っています。

 

「カフェマキアート」の本来の姿は「エスプレッソ」に「泡立てたミルク」を少量入れたものですが、これがアイスになるとどうしても水っぽくなってしまい本来の濃厚な旨さからは、程遠い飲み物になってしまいます。

コクと香りが残る工夫が必要になるので、濃厚に淹れた珈琲でも香りを残すには急激に冷やすという事が大切です。

 

  

 

そしてアイス珈琲はタップリ飲みたいので我が家ではベルギービール用のグラスを、何種類か用意していて使っていますがとても楽しいです。(ヒューガルデン・ビーケン)

 

 

 

珈琲は時間が経つと酸化して香りも味も劣化してしまうのですが、そんなことを大切にして珈琲を淹れてくれる昔ながらの喫茶店や珈琲専門店の珈琲こそが、本当に美味しい珈琲と言えるのです。

スペシャルティー珈琲もそうして淹れてくれると、最高に贅沢な美味しい珈琲になるのです。

 

コロナの影響で外で珈琲を飲む機会がゼロに近いので、「お家カフェ」で楽しんでいますし、競馬仲間との連絡はSNSのみと寂しい限りですが、時々顔を見せてくれるメンバーに会うのが唯一の楽しみです。

スマホのカメラ性能とオーディオ性能「パート2」(Sho-R)

JUGEMテーマ:スマホ

 今回はスマホのオーディオについてです。

スマホのオーディオ性能も音楽をよく聴く人とゲームを良くプレイする人には、非常に大切な要素ではありますが、スマホでありながらサウンド面でも大きな進歩があって、とても良くなったと感じています。

 

順位は下記の通りです。(8月20日現在)今回はオーディオだけで〜す!

 

 

★Xiaomi Mi 10 Pro 76(写真)

★Asus ROG Phone 3 75(写真)

★Huawei Mate 20 X 75

★Apple iPhone XS Max 74

★Oppo Find X2 Pro 74

 

 

 

やはりオーディオ全体でもトップは「Xiaomi Mi 10 Pro」、2位はAsus ROG Phone 3、4位にApple iPhone XS Maxが入っていますので、中華スマホ一色ではないので納得ですが、「Xiaomi」製品は安定した性能があるようです。

サウンド面ではやはり音楽をヘッドホンやイヤーホンで聴く方が良く区別がつきますが、「Asus ROG Phone 3」のサウンドも2つのアンプとスピーカーで前モデルから大きく進化したようです。

 

今後は国内での5G対応の事もあってスマホの選定はちょっと難しのですが、様子を見て決めて欲しいと思っています。

スマホのカメラ性能とオーディオ性能「パート1」(Sho-R)

JUGEMテーマ:スマホ

 通常私達が憧れる一眼レフカメラやミラーレスカメラの流行も色々ですが、最近はフィイルム写真も復活して楽しさは倍増と言ったところです。

スマートフォン(以下スマホ)の世界もカメラ性能とオーディオ性能は大きく変化して、使う側も非常に楽しみが増えました。

一つ一つの製品をチェックする訳にはいきませんので、今後は新製品を中心に紹介して行きたいと思っております。

 

基本的カメラ性能は「DXOMARK」で調べられますので、そちらで確認して貰って結構ですが、やはり実際に手に取って写真を撮ってみた感じや、動画もチェックしたいと思いますので、できる限りテスト結果も載せてみたいです。

 

8月16日現在の順位は下記の通りです。今回はカメラ性能だけの特集で〜す!

★Xiaomi Mi 10 Ultra 130

★Huawei P40 Pro 128

★Honor 30 Pro+ 125

★Oppo Find X2 Pro 124

★Xiaomi Mi 10 Pro 124

1位から5位まですべて中華スマホですが、8位に「Samsung Galaxy S20 Ultra 122」・13位に「Samsung Galaxy S20 + 118」・14位に「Apple iPhone 11 Pro Max 117」といった感じで、暫くは中華スマホの天下は続きそうです。

問題は「Huawei」で使い慣れたアプリが使えない問題も抱えており、性能の良さは認めていますが今後は覚悟して購入する必要がありそうです。

 

今回1位の「Xiaomi Mi 10 Ultra」に焦点を当てて紹介したいと思います。

 

 

★スペック★

  • プライマリ:48MP 1 / 1.32インチQuad-Bayerセンサー、25mm相当のレンズ、f / 1.85 開口部、PDAFおよびOIS
  • 望遠1:12MP 1 / 2.56インチセンサー、50 mm相当(2倍光学)レンズ、f / 2開口、デュアルピクセル AF
  • 望遠2:48MP 1/2インチクワッドベイヤーセンサー、120mm相当(5倍光学)レンズ、f / 4.1開口、PDAFおよびOIS
  • 超ワイド:20MP 1 / 2.8インチセンサー、12 mm相当のレンズ、f / 2.2開口部、PDAF
  • デュアルLEDフラッシュ
  • マルチスペクトル色温度センサー
  • ビデオ:8K 4320p(30fps)、4K 2160p(30 / 60fps)(2160p / 60fpsテスト済み)
  • Qualcomm Snapdragon 865チップセット

 

 

10周年モデルという事で108MP搭載の「Xiaomi Mi 10 Pro」から48MP×2にして大きめのセンサーで、素晴らし写真が撮れるようになりましたし、是非1台は欲しいスマホですがスペックが高いだけにゲームでも十分に遊べそうです。

4500mAhのバッテリーと41%を5分でチャージする120Wチャージャーも魅力的です。

スマホのカメラの進化には驚きです!パート2(Sho-R)

JUGEMテーマ:スマホ

 コロナ禍で何かとスマホのお世話になっていますが、スマホカメラの進歩は驚きの速さで変化しています。

前回まではゲーミングスマホを中心に紹介してきましたが、今回からはこれからとても注目される「5G対応のハイエンドモデル」を中心に紹介したいと思います。

 

僕は現在「Xiaomi Mi Note 10 Lite Glacier White 6GB RAM 64GB」を使っていますが、スペックはミドルクラスでも6400万画素のカメラは流石に綺麗ですし、普段撮りのカメラとしては十分だと思っていますし、この暑さで一眼レフ等の重い機材はとても嫌なものです。

巣ごもり状態ですから、時々カメラで写真を撮っていますが、スマホで撮る事が多くなっています。

今回は「Xiaomi POCO F2 Pro 5G Dual-SIM」を取り上げます。

 

 

 

★スペック★

  • System: MIUI for POCO on Android 10
  • Processor: Octa Core / 2.84 GHz / Qualcomm Snapdragon 865 / GPU: Adreno 650
  • Memory: Internal: 128 GB or 256 GB / RAM: 6 GB or 8 GB
  • Display: 6.67" / FHD+ AMOLED Dot Drop Full Screen Display / Resolution: 2400 x 1080 pixels
  • Camera: 64 MP, 13 MP, 5 MP, 2 MP / ƒ/1.89, ƒ/2.4, ƒ/2.2, ƒ/2.4 / Video: 8K / Front: Pop-up 20 MP
  • Network: 5G: n77/n78 / 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41 / 3G: Band 1/2/4/5/8 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
  • SIM card: Type: nano-SIM / Dual SIM
  • Wireless: Bluetooth: 5.1 / Wi-Fi: 802.11 a/b/g/n/ac/ax, 2.4 GHz & 5 GHz / 2x2 MIMO, 8x8 Sounding for MU-MIMO / NFC
  • Connection: Jack 3.5 mm / USB Type-C
  • Location: GPS, aGPS, Glonass, BeiDou, Galileo, QZSS
  • Sensors: Accelerometer, Ambient light sensor, Barometer, eCompass, Fingerprint, Flicker sensor, Gyroscope, Hall effect sensor, IR blaster, Linear motor, Proximity sensor
  • Battery: 4700 mAh (Built-in) / 30W fast charging
  • Weight: 219 g
  • Dimensions: 163.3 x 75.4 x 8.9 mm
  • In the box: POCO F2 Pro, USB Type-C cable, Power adaptor, Simple protective cover, Documentation

カラーはグレイ、ブルー、パープル、ホワイトと4種類ですが、ゲームでも使える最新のCPU搭載でバッテリーが4700mAhも嬉しいですし、カメラも6400万画素が素晴らしい!

ポップアップタイプのフロントカメラも面白いですね。次回はこちらが欲しいです。 

スマホのカメラの進化には驚きです!(Sho-R)

JUGEMテーマ:スマホ

 7月に「Red Magic 5」と「Black Shark 3」を紹介しましたが、今日はゲームスマホの本命とも言われる「ASUS」の「ROG Phone 3」の紹介です。

最初にビデオからご覧ください。

 

 

 

素晴らしいスペックですし、使い易さが滲み出ていますよね?良い事なしです。

★スペック★

  • System: Android 10 with ROG UI
  • Processor: Octa Core / 2.84 GHz/ Qualcomm Snapdragon 865/865 Plus 5G / GPU: Adreno 650
  • Memory: Internal: 128/256/512 GB UFS 3.1 / RAM: 12/16 GB
  • Display: 6.59" / AMOLED display / Resolution: 2340 x 1080 pixels
  • Camera: 64 MP, 13 MP, 5 MP / F1.8 / Flash: LED / PDAF / Video: 8K UHD / Front: 24 MP
  • Network: 5G: n41/n77/n78/n79 / 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/20/28/34/38/39/40/41 / 3G: Band 1/2/3/4/5/8/19 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
  • SIM card: Type: nano-SIM / Slot: Dual SIM
  • Wireless: Bluetooth: 5.1 BR/EDR+LE / Wi-Fi 6: 802.11 a/b/g/n/ac/ax, 2.4 GHz & 5 GHz, 2x2 MIMO / NFC
  • Connection: USB Type-C
  • Sensors: Accelerator, Ambient light sensor, eCompass, Fingerprint, Gyroscope, Hall sensor, Proximity sensor, Ultrasonic sensor
  • Battery: 6000 mAh (Built-in) / Quick Charge 4.0 and PD Charging
  • Weight: 240 g
  • Dimensions: 171 x 78 x 9.85 mm
  • In the box: ASUS ROG Phone 3, AeroActive Cooler 3, Aero Case, USB Type-C cable, 30W USB power adapter, Documentation

 

価格は67,000円前後から114,000円前後となっていますが、とても魅力的な価格帯ですし、ゲーマー達にも優しい価格です。

熱中症対策は自宅からして欲しいもので〜す!(Sho-R)

JUGEMテーマ:その他

 熱中症とコロナの表情が良く似ているという事ですが、暑くなると気になるのが熱中症ですが写真撮影もこの時期は、外での作業だとモデルさんもファトグラファーさんも30分でダウンという事になってしまいます。

ハンドファンや冷え冷えタオルなどを使っても、時間が経過すると焼け石に水になってしまい、熱中症でダウンなんて事にもなります。

 

最近は自宅でも熱中症で倒れる方もいるようですが、実は外気温度の高さでエアコンの室外機が正常に稼働しなかったり、年数が経過してガスが抜けてしまい、冷えないケースもあります。

室内機は年にフィルターは1ヶ月に1回、フィンやファンは年に1回から2回程掃除機をかけてごみを取って、中性洗剤で洗っておけば10年以上は持ちますが、室外機は外気にさらされ痛みが激しくなるものです。

 

特にベランダなどに設置している場合は別ですが、1回に設置しているとフィンやファンの汚れは相当なものですし、太陽に当たる場所にあると高温になるのでガス抜けの原因になったり、ノーマル稼働が出来なくなり効率が落ちるのが普通です。

日よけカバーをしたり、外気が高温でもノーマル駆動ができる室外機のついたエアコンにするなどで、電気料金も随分と安くなります。

 

最近はガス充填でもリビングで使うタイプだと、ガス漏れ検査も含めると4万円もの修理代金が必要ですし、室外機と室内機の掃除もお願いすると7万円が普通です。

およそ毎日使う事務所等のエアコンやリビングのエアコンは、5年から7年でガス充填が必要になりますし、その後毎年ガス充填と掃除を頼むくらいなら、新しいエアコンを購入した方が、電気料金も含めると5年で20万以上になってしまいます。

 

私達は研究室もPC工房も家庭用のエアコンで20畳用(実際の広さは16畳)を1台のみで運用していますが、冷房を入れるのは年に3週間ぐらいで、あとは除湿だけで十分なのです。

室外機も夏場の強い日差しの時は日よけカバーでずいぶん助かっていますが、ほぼ6年から7年で新品に交換しています。

 

  

 

エアコンが耐えられる外気温は43℃となっており、どのメーカーも似たようなものですが、三菱とパナソニックは46℃対応となっています。

実際には直射だと60℃まで上がってしまうケースもあるようですが、写真のようなエアコンガードやエアコンカバー、すだれを斜め起きしても随分と違うものです。

冷えすぎにも注意が必要ですが、除湿がだけでも十分なエアコンが多いですので探してみて下さい。