コロナでピンチのフリーランスや個人事業主!

JUGEMテーマ:その他

 フォトグラファーやモデルさんの中には個人事業主として働いている人、フリーランスとして仕事のある時に働いている人など、いろいろな条件で働いている方がおられると思います。

今回、こんなにコロナウイルス感染対策の一環として、生活保護や事業継続につながるように、補助金などの国から支援策が取られていますので簡単にわかりやすく説明したいと思います。

 

◎個人事業主⇒事業を開始する時に開業届を出して、株式会社などの法人を設立しないで個人で事業を行う場合です。

(職業欄の記入が必要ですので、総務省の「日本標準職業分類」を確認してください。)

 

◎フリーランス⇒日本では自由業又は自由職業と呼ばれていますが、特定の企業や団体、組織に専従しないで仕事を請け負って遂行し小説家や芸能人、大工やプログラマや漁師などもこれに入る。税務上では確定申告が必要です。

 

今回はこれらの職業の方には「緊急小口資金」20万円が無利子・無保証人でフリーランスであれば誰でも借りられますし、「収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯」は、2人以上の場合月20万円、単身者は月15万円の「総合支援資金」を3ヵ月間貸してもらうことができます。こちらも無利子・保証人不要です(償還期限10年以内)。

 

日本政策金融公庫などが、新型コロナによる影響を受け業況が悪化した事業者(事業性のあるフリーランスを含む)に対し、融資枠別枠の制度を新設しました。信用力や担保の有無に関わらず一律金利とし、融資後3年間まで0.9%の金利の引き下げを実施する、という内容です。

 

融資には、「最近1ヵ月の売上高が、前年または前々年の同期に比べ5%以上減少している」などの要件が必要とされますが、「個人事業主(事業性のあるフリーランスを含み、小規模に限る)は、影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応」(経産省)する、としていますし、個人事業主、フリーランスは、この制度で3,000万円まで貸し付けを受けることができます。

 

この「特別貸付」を受けた中小企業者などのうち、特に影響の大きい事業性のあるフリーランスを含む個人事業主、また売上高が急減した事業者などに対しては、「利子補給」を行う制度が併せて設けられました。適用になれば、借入後当初3年間は、実質無利子で融資を受けることができますので、詳しくは経済産業省「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」で確認してください。

 

色々と細かいことがありますが、僕も色々と模索中ですがリンクを張って置きましたのでクリックしてみて下さい。

僕の場合は3年前に会社員から独立して、合同会社を設立し小規模事業主になったのですが、それはもうジェットコースターに乗っているような大きなプレッシャーがありますので、毎日がストレスの連続です。

4月10日で3年目が終わり、11日から4年目が始まりますが、この「コロナ危機」でやっとすべて「テレワーク」(在宅勤務)に切り替えて頑張っていますが、父の友人や姉の協力でできた会社なので、この窮地を何とかしのいで大好きな写真を沢山撮りたいのです。

 

仕事は大好きではないのですが、好きなことをやるために頑張ってきたので苦痛ではないのですし、仕事仲間も姉と父や母の友人ですから楽しく仕事をしています。

もちろん頑張らなければいけないのですが、今回の「コロナ危機」は僕達の生活に沢山の影響を与えていますので、何とか生き残って欲しいと願っています。

いつかまたみんなに会えることを楽しみにしていますので、連絡くださいね!宜しくで〜す!

フォトグラファーさんもモデルさんも元気ですか?

JUGEMテーマ:カメラ

 みなさん元気してますか?コロナ感染拡大で「オタク生活」を満喫している「ショウ・リチャード」です!

毎日毎日100人もの感染者が増え、8日にも「緊急事態宣言」がされそうで、さらに危機的状態になりそうですし、僕の仕事も休業状態で大好きな写真も自宅で「カシャ・カシャ」してます。

 

昨年は「目黒川の桜」、「河口湖の桜」、「新倉山浅間公園の桜」、「慈雲寺のいとさくら」などを鑑賞に行ってきましたが、今年は結局どこにも行けませんでしたし、日本馬「ダノンプレミアム」が出走の「クイーンエリザベスステークス」オーストラリア・ランドウィック競馬場への遠征も実現不可能になりました。

競馬は父が大好きで時々一緒に写真を撮りに行くのですが、今年はランドウィック競馬場(シドニー)に行く予定だったのです。

このレースは日本でも馬券が発売されます。

 

日本馬も彼方此方で活躍中ですが、今年は色々な国際レースが中止や延期になっていますので、本当に寂しい限りです。

そろそろ本格的に写真もと考えていたのですが、モデルさんや写真仲間と会うのもイベントが殆どキャンセルになって、ちょっとショックが大きいのと仕事が少ないので生活していくのも大変です。

 

みなさんも同じだと思うのですが、これからの季節は春のバラがとても綺麗な時期になりますので、バラぐらいは撮りに行きたいでね!特に今年はバラの写真を沢山撮ろうと思っていましたし、イベントも静岡県熱海の「アカオハーブ&ローズガーデン」(22日まで休園中)や神奈川県平塚市の「花菜ガーデン」(19日まで平日営業・土日休園)でと考えていたのでとても残念です。

バラの最盛期は5月〜9月と地域によって違いはありますが、このエリアでは5月〜6月が最盛期となります。

 

 フォトグラファーさんもモデルさんも大変だと思いますが、もう少し我慢しましょう!

そして感染しないよう十分に注意してください!また会える日を楽しみにしています。

「新学期が限定ですが始まりました!注意が必要です」(Kei)

 私達は食事に必要な買い物以外は外に出ないようにしていますし、役所とかはまとめて一度に済むように考えて行動していますが、いよいよ学校が時々というか1週間に1回程度スタートします。

これまでは休んでいただけに子供達や孫達は心配がありませんでしたが、今度は学校が問題になりますので心配は倍になります。

もちろん学校が休みの場合、困る御家庭もあると思いますが、家に居る方がいい場合もありますし、子供達だけになって面倒を見る人が居なければそれはまた問題ですし、良い解決法はないものかと考えてみました。

 

こんな事態になった時は、対応の方法を多様化した方がいいと思うのですが、今回は一方的な方法が取られたわけですが、学校で勉強する子と、ネット学習やネット授業という方法もアリかなと思います。

息子は高校の時にネット授業を受けながら高校を卒業しましたが、学校に行くのは土曜日と日曜日だけでした。

教育に関しては私は放任主義をとってきましたが、余りプレッシャーに強くない子は途中でギブアップしてしまいますので、その後の人生に大きな影響がでてしまいます。

 

学校でしっかり勉強したい子も沢山いますし、色々なニーズに対応できる場を構築することは、こんな緊急時には最も大切な事だと思うのです。

最も大切なのは少子化で少くなった子供たちをどうやって、危険から守れるかが大切ですし、どんな親でも同じ様に考えていると思うのですが、その方法はそれぞれ違う筈ですから、多様化していて当たり前だと思うのです。

学校という集団生活の中で感染拡大が起こったら防ぎようがないのですが、ネット授業で補えるならそれが良いと考えています。

 

 かつて無いような事態を各国が経験している訳で、それぞれの国が違う対応ですが目指していることは世界中同じだと思うのです。

日本でも8日に「緊急事態宣言」がされますが、他の国の「ロックダウン」とは違って制限が限定され、一人一人の自覚が大切ですから生活の変化は緩やかなものですし、これ以上拡大しないよう注意しなければなりません。

できる限り人との接触を避け外出を控える必要があるのですが、このまま終息に向かう訳でもないように感じていますし、それぞれの常識ある対応が必要です。

ゲーミングモニターは144Hzから280Hz、4KモニターはIPSパネルへ!

JUGEMテーマ:パソコン

 僕のモニターはゲーミングモニターは144Hz駆動のタイプ、もう2年以上も使っていますが「G-Sync」対応で素晴らしいのですが、最近は165Hz・240Hz・280Hzへと進化しており、ゲーミングモニターにもIPSパネルが使われるようになってTNパネルやVAパネルからの脱皮が始まりました。

 

やはり発色の良いIPSパネルはゲームをするのが楽しいです。

 

 

◎LG UltraGear 27GN750-B(47,000円前後)⇒IPSパネル・応答速度1ms・240Hz

◎ASUS TUF GAMING VG279QM(????)⇒IPSパネル・応答速度1ms・280Hz(4月24日発売)

 

続いて僕の使っている4KモニターはVAパネルの31.5インチですが、こちらもIPSパネルに進化が続いております。

できれば4Kの場合は画面サイズが27インチよりも31.5インチのタイプが見易いのですが、IPSパネルに限ると14万円以上の価格ですので一寸躊躇してしまうのです。

でも27インチならIPSパネルでも39,000円前後から購入ができますので、HDR10や10bitカラーを利用する方は狙い処です。

 

4月1日に特集を組みましたので参考にして欲しいのですが、特に画像の編集には大きな違いをもたらしますのでお薦めですよ!

僕も頑張ってIPSパネルを購入したいのですが、残念ながらコロナウィルスの感染拡大で仕事がストップ状態です。

早く普通の生活に戻りたいですし、桜の時期だからと言って出かけてはいけないので、桜は来年も観られるからと思って諦めましょう!

 

実は昨年、珍しい事に「目黒川の桜」(3月)と「河口湖の桜」(4月)を観賞に、父と弟の3人で行ったのです。

とても綺麗で沢山の写真を撮りましたが、まさか次の年にこんなことになるなんて考えもしなかったです。

男3人で桜を観に行ったのはこれが初めて、母が国に帰っていたので男だけだったのですが、小さい頃は鶯谷に住んでいましたので、春は父とよく上野公園の桜を観に行ったものです。

「仕事はテレワーク・競馬は即PAT・写真は編集交換」

 コロナ対策で「テレワーク」(在宅勤務)が盛んに行われていますが、ノートパソコン、Slack、Zoom等のソフト又はアプリがあれば簡単に設備は構築できます。

私達も2月から準備を始めて、3月からすべて「テレワーク」にしてコロナ対策を取りましたが、多少の問題はあるものの、順調に移行する事ができました。

 

問題とは会社勤務と違って設備が整ってないという事で、FAX・国際電話・パソコンのスペックなどの問題点がありますが、国際電話は「Skype」、FAXは「ネットFAX」で対応して、アナログ部分を解決しています。

パソコンはExcelシートを使うならCore i5からCore i7でCPUスコア10000以上が理想的ですが、デスクトップパソコンならマイクとカメラが必要ですが楽々でストレス無しです。

 

ただ、セキュリティの問題もありますので、メールは個人の物は一切使用しないで仕事用のメールだけを会社のサーバーを経由させて使っています。

土日の競馬もすべて「即PAT」、写真は撮影に出かけたりイベントもありませんので家で編集三昧ですが、友人達と写真を編集交換して楽しんでいます。

 

僕の場合は本来の好みはスポーツ写真で、特にGT500やF1レース、競馬のレース撮影が好きなのですが、勉強のためにポートレートを始めました。

慣れるまで撮れるだけ撮っていますが、徐々にその面白さに引き込まれました。

でも、「星空」や「山海の夕焼けや朝焼け」も大好きですし、「草花」を撮るのも好きなのです。

 

コロナ対策で気管支炎のある僕には命取りになるので、今は近くの桜も撮れない状態が続いていますので、友人の写真の編集のお手伝いをしています。

写真用のディスクトップが2台、仕事用が1台、ノートが1台ありますので大量のRAW現像も簡単にできる様になっています。

それでも外付けストレージがパンパンの状態ですが、それだけカメラが進化して画像のサイズが大きくなっているからでしょう。

 

こんな事態まで世界中に蔓延したコロナウイルスは拡大が進みきっと、これから半年以上も続くと思うのですが、ワクチンと治療薬ができるまでは壊滅はあり得ない状況です。

工場や工事現場や店舗では無理ですができるなら「仕事はテレワーク」・「競馬は即PAT」・「写真は編集交換」でを考えてみて下さい。

どんなに大変でも感染を防ぐ事を第一に考えて欲しいと思ってます。

 

 

写真は「Fujigoko.TV」で毎日「富士山」を楽しんでいますので、一寸だけ写真を編集してみたりしています。

1枚目が河口湖、2枚目が山中湖の今朝6時の「富士山」ですが、お天気が良ければ一日中観られますので、みなさんも楽しんで下さい。

写真編集ソフト「PC有料版」

JUGEMテーマ:カメラ

 PCでの有料版写真編集ソフトというと「Adobe Lightroom」があまりにも有名、殆どのフォトグラファーさん達が使っていますが、RAW現像だけでなく、豊富なプリセット機能やHDR・パノラマ結合など沢山の機能を持っています。

MACにもWindowsにも対応しており、非常に使い易いのが特徴です。

 

大量の写真を一度に処理して管理が可能ですし、検索機能も充実していて、SNSに直接アップロードができますのでとても便利ですが、「Photoshop」に比べると高度な編集はできないのと、月額制なので結構維持費(月額980円)がかかります。

実際には「Photoshop」と「Lightroom」を並行して使っている方も多いですし、最近はモバイル版あって大変便利になりました。

 

続いて最近は有料版ですが買い切りで維持費の安い「Luminar」(10,560円)も人気で、特徴としてはAIによる補正機能が便利で大人気です。

もちろんRAW現像機能もありますし、60種類以上のプリセットが利用できるので柔軟に編集ができるのと、AIのお陰で自分好みの仕上げが可能なのです。

またスタンドアロンで使えるだけでなく、「Photoshop」や「Lightroom」のプラグインとしても使用できるので便利さはこちらが優れています。

 

この「Lightroom」と「Luminar」が有料版で人気ですが、写真の加工をし過ぎるともうそこは写真とは言えなくなって、グラフィックスの領域になってしまうような気がして、嫌な部分もありますので個々が考えるべき部分でもあります。

確かにHDRによる編集は綺麗ですし、色々な合成も可能ですので美しいとは思うのですが、やはり多少の抵抗はあります。

しかし、割り切ってしまえば確実に綺麗なだけに、それなりに美しいものです。

 

 続いてPCのスペックについて触れておきます。

RAW現像においてはみなさんもご存知の通り、近年カメラの性能が急激にアップして2000万画素から、4000万画素、6000万画素、1億画素と写真のサイズが急激に大きくなったこともあり、とても考えられないような時間がかかるようなった訳ですが、PCのスペックもそれなりに高スペックが必要になりました。

 

少しでも環境を整えようとするとカメラ以外にも30万〜40万円の出費は覚悟しなければなりませんが、WindowsPCならMACの半分で済みますので考えてみて下さい。

「Room365」にはエンジニアが沢山在籍していますので、いろいろとご相談ください。

 

なお先日、私の父が書いた記事をアップしたらみなさん68歳と年齢で驚かれたようですが、こちらのブログはエンジニア仲間と父(Kei)と弟(Shun-J)も記事を書いていますので、宜しくお願い致します。

コロナ対策と在宅勤務時の過ごし方!(Kei)

JUGEMテーマ:その他

 コロナウイルス感染拡大が止まらない状況ですが、北海道の様にもう拡大がゆっくりになった地域もありますので、みんなが注意すればなんとなく克服可能だと思っています。

毎朝の珈琲は感染をチェックするのにも役立っているのですが、これは感染すると特徴と言われる臭覚障害と味覚障害のチェックができるからで、感染の目安になると考えてみなさんにも紹介しています。

 

もちろん富士山が顔を出している時は、「Fujigoko.TV」のライブカメラを眺めながら珈琲を楽しんでいるのですが、今はコロナから解放される事を願っている次第です。

競馬でも珈琲でもなく、コロナウイルス感染拡大の終焉を願うためです。

(今朝の5時50分前後のライブカメラの写真です。)

 

 

 

コロナ対策としては銀行かスーパーに行く時ぐらいで、外にはできるだけ出かけないように心掛けていますし、睡眠を十分に取って運動を少しだけ家の中でしています。

仕事はすべての部門で「テレワーク」(在宅勤務)に切り替えましたので、外へ出るのは本当に少なくなりました。

それでも河口湖だけは、今年に入ってから2度行っていますし、富士山を十分に楽しんできました。

 

現在は観光客も少ないですし、貸別荘やキャンプも人気のようでどうやら疎開先になっているという事です。

私達の住んでいるエリアも山に囲まれた新宿から1時間ちょっとの町ですから、空気も綺麗ですし生活のし易い場所で、富士山にも1時間ちょっとで行けますし箱根湯本も35分です。

 

午前9時から午後6時までは仕事、お昼は2時間の休憩で昼寝をしていますが、仕事が終わると音楽を聴いたり歌ったりで、夕食後は映画やドラマで時間をつぶしており、10時には寝て朝4時には起きます。

したがって睡眠時間はおよそ7時間30分が基本で、68歳の私には十分すぎるくらいですし、コロナ対策にもなっています。

 

朝もきちんと食事はとりますが朝は軽く、昼は目一杯食べる様にしていますが、夜は控えめにしてこれ以上太らないようにしているつもりです。

「シゲ」さん達OB会のメンバーは朝の散歩時に良く寄ってくれ、一緒に珈琲を飲んで競馬のビデオを観たり富士山を眺めたりしてのんびり過ごしているのです。

 

生活のパターンもこれまでとは変わらないのですが、時間はキッチリと守られるようになって素晴らしいのです。

しかし、温泉にはここ2ヶ月間行けないで寂しいし残念です。

コロナウイルスの薬やワクチンについて!

 コロナウイルスの感染拡大が続く中、各国の対策も色々過ぎてどれが良いのか掴めないですが、中国の武漢市の方法が一応沈静化していますので、冷静に考えるとそれが一番良い方法なのかもしれません。

日本の拡大も抑えられており、こちらも病床数が圧倒的に多いので回復者がどんどん増えてきていますが、徐々に感染拡大が拡がっていますので油断はできない状況なのです。

 

対策のタイミングが大切で、逃すと大変な数まで一気に拡大しますのでちょっと大変ですが、そんな中「アビガン」などの薬が治療薬として効果があるという事で治験がスタートしました。

ワクチンについても研究が進んでおりますが、年内にワクチンが完成できるのか、それよりも早く使えるようになるかは不透明な状態です。

 

世界で88万人以上が感染者になりましたので、もうすぐ100万人突破になる事は間違いないようですが、亡くなる方も急激に増えていますのでとても尋常ではないようです。

もうどうにも蔓延は止められる状態ではないのですが、使える薬はリスクがあっても使用せざる時期が近づいているようですし、実際には学校なども含め、仕事は全面的にストップせざる時期が来ると思いますので、今後の事は私達にも想像がつかないのです。

しかも都市の機能が止まる事から始まって、経済の崩壊まで時間がない様に思えるのですが、決してパニックになってはいけないと思っています。

 

食料・医療の確保が最大の課題となる訳ですが、治療薬がない現状では待つしかない状況ですので、何とも言えなのですがそんな対策も話し合われていないのですから、品不足がどこで起こって来るのかちょっと想像ができないです。

でも準備はゆっくりと進めて行くべきですが、そこからどんな事が起こるのかは誰にも分からない事です。

 

日本でも一日200人以上の感染者増加がありましたので、大きく拡大が進む可能性も多く、医薬品が不足する事もあってちょっと大変な状況になっていますし、それぞれの事情が絡み合って的確な情報が伝わらなくなっています。

医薬品も食料品もどの国も感染拡大が進めば輸出禁止策をとって、自国を守るための対応をする筈ですから、冷静な判断が必要です。

 

これから徐々に暑くなって湿度も高くなって、コロナウイルスの活動がストップする事に期待していますが、長引けば長引くほど感染者も死亡者増える訳ですからもう祈るような気持ちです。

何れにせよ、最悪のシナリオを考えながら対応をして行かないといけないという事だけは、間違いない事です。

 

緊急に隔離施設を増設して対応できるよう、みんなでアイデアを出して、閑散となったホテル施設やキャンピングカー等を利用したりで、病床数の確保が必要だと思います。

画像編集向けモニターならHDR+IPSで万全!

JUGEMテーマ:カメラ

 今日はゲーム用じゃなくて画像編集用に使える液晶モニターを、7万円以下で買える製品を中心に紹介します。

IPSパネルでなくても普通に使う分には困らないのですが、やはり発色という部分から考えるとHDR対応のIPSパネルなら、綺麗さが大きく違ってきます。

 

4Kサイズですから3840×2160ドットという事になりますが、24インチではどうしても字が小さくて読みづらいので、できれば32インチくらいが見易いのです。

しかしデスクの大きさも最近は小さいものが多く、在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)では最低27インチは欲しいところです。

したがって今回は27インチと32インチを取り上げますが32インチクラスはまだ価格高く7万円以下の製品がないのです。

 

◎27インチ〜28インチ

★LG 27UL550-W(39,280円)⇒IPSパネル・HDR10・5ms・10Bit・FreeSync・平面型

★Acer NITRO VG280Kbmiipx(42,799円)⇒IPSパネル・HDR10・4ms・10Bit・FreeSync・平面型

★BenQ PD2700U (61,280円)⇒IPSパネル・HDR10・5ms・10Bit・平面型

★Dell U2718Q(61,780円)⇒IPSパネル・HDR10・5ms・10Bit・平面型

 

  

こちらの4機種がお薦めですが、最近のミラーレスは4K撮影が普通ですから、動画の編集には10bitカラー対応が必須です。

編集後はフルHDとは密度の違いで、写真も動画もハッキリと色合いが違って見えますので、編集の過程がちょっとづつ変わってしまいます。

この辺を上手に使いこなせれば、更に新しいカメラの世界が見えて来る筈で、結婚式の写真や動画においても綺麗で美しい仕上がりが期待できますし、公園や海辺での撮影もこれまでとは違った撮影が可能になります。

 

Crucialの新しいメモリー(RAM)に注目!(Shun-J)

JUGEMテーマ:パソコン

 CFDから発売されたマイクロン社「Crucial」のゲーミングメモリー「Ballistix」と「Ballistix Max」のメモリーですが、なかなかの良品ですので紹介しておきます。

信頼性が高いメモリーとして人気のある「Crucial Ballistix」シリーズですが、徹底的に互換性を追求した製品でしかもリーズナブルなので私達も多くのゲーミングPCに搭載している製品です。

 

「Corsair」・「G.Skill」・「ADATA」・「Crucial」が「Room365」で使っている、ゲーミング用メモリーですから、安定した製品はこれからも使い続けたい製品なので、今後も頑張って欲しいです。

 

◎「Crucial Ballistix」⇒クロック2400MHz〜3600MHz、容量4GB〜32GBで、デザインも光るLED搭載です。

 

◎「Crucial Ballistix MAX」⇒クロック4000MHz〜4400MHz、容量8GB〜16GBで、デザインも光るLED搭載です。

ゲーミングにピッタリのメモリーですからみなさんも注目してください。

 

メモリーは最も大切なパーツだけに相性のピッタリな製品を選ぶ必要がありますので、品質の良い製品を選ぶ事が大切です。

ゲーミングでも写真の編集で32GB〜64GBは搭載してください。

コロナウイルス感染拡大で色々と制限がありますが、もう少しは我慢して頑張りたいものですし、きっと悪い事ばかりではないと思いますので信じて待ちましょう。